« さあ、赴任の日です。 | トップページ | 今更ですが。 »

2021年10月29日 (金)

ビエンチャンに到着。

仁川空港内で一泊仮眠の後、ビエンチャンに到着しました。

朝08:05発のラオス航空QV924便は、チャーター便の扱いとなっているそうで、昨日成田から飛んでくるアシアナ航空OZ101便から荷物はスルーで運べるのですが、この仁川=ビエンチャン区間のQV分の搭乗券の受取と、この区間の荷物のエクセスチャージは、今朝この37番搭乗口前のカウンターで(米ドル現金で)支払うという、変則的な運用になっていました。
Img_3445
この左の37番搭乗カウンターで搭乗券受取とエクセス料金の支払い。これを済ませないと、免税店で売って貰えません。

昨日も書いたように、この路線とKUL~VTE間のAKフライトしかなく、1週間に1便しかないこのフライトも満員。他に競合相手もいないのですから、ディスタンス確保できるようにもう少し増便してくれるとありがたいのですがね。
ともあれ、早めに5時半頃から並んだお陰で搭乗券を入手後、スタバで朝食を買って一服する(そして魅力的な商品がなかったため買いませんでしたが、免税品も購入可能な)時間があったのは幸いでした。
Img_3450 Img_3456 
防護服のような白服に身を包んだ客室乗務員の方による機内サービスの様子(1枚目)。
日本の中古機ですか?と思って調べてみましたが、違うようです(RDPL-34199)(2枚目)。

というのも、フライト自体は20分ほどの遅れで搭乗開始・離陸と相成ったのですが、(ある程度の)長距離フライトのお楽しみである機内食が、結構大きな箱で出てきたと思ったら、開けてビックリ、なんですかこの中身は、という貧相さで、更にコーヒーの一杯も供されず、
朝食を食べておいてよかったです。食べてなかったら、午後到着後の隔離ホテルに入るまで相当飢えるところでした。

Img_3451 Img_3452
この大きな箱に、クロワッサン1つ、クッキー2枚、リンゴ一個、水1本のみ。
えーー 4時間半のフライトで、レガシィキャリアで、これだけー!? 

ビエンチャンのワッタイ空港到着は、離陸の遅れを引きずったのか少し遅れて11:30頃。
ここから入国の様子は参考になるかもしれないので少し詳し目に書いておきます。写真は制限がなかった所だけですが。
Img_3466 Img_3462
ビエンチャンの街並みを眺めながら、ワッタイ空港に到着。経費節減でしょうか。タラップで地表に下りて、またすぐ階段で建物に上がります。普段だったら楽しいんだけど、今日は大荷物なので...

他にフライトがあるわけでもないのにPBB(ボーディング・ブリッジ:所謂「蛇腹」)を使わず一旦タラップで地上に降ろされ、20mほど歩いた先から階段でPBBに上ってターミナルビルの2階に入り、更に上った3階の出発ロビーにて出発前のPCR検査陰性証明と隔離ホテル予約所のチェックを受け、その場で記入する書類を一枚渡され。
Img_3467 Img_3469 
一応、今でも、歓迎してもらえているみたいです(1枚目)。列に何回も並ぶのは仕方ないですかね(2枚目:最初のチェック)。

エスカレーターで2階に降りて少々並んで当地のPCR検査を、喉と鼻の両方に綿棒を突っ込まれて(鼻の方は少し痛かった)検体採取され、
続いて入国審査。こちらでは通常取得する「査証」とE/Dカードに加えて、ラオス政府発行の入国許可にかかる書類も要提示。こちらは出発前日の27日にメールで届いたものを印刷しておいてセーフ、でした。
Img_3470 Img_3470_edt 
このパーティションの裏で検体採取を(酷いハングル表記ですね)。

その後1階に下りて荷物をピックアップして税関検査(甚だ簡単)を通り、これまでであればこれで外の公共空間に出て終了、
なのですが、
今はここで両替のあと、隔離ホテル行きのバスチケット(6ドル/人)を購入し、そして隔離期間中の新規入国者が勝手に出歩かないように、腕時計型のGPS機器を取り付けられます。ネット情報によると、勝手に外したり外を出歩いたりすると、直ちに保健当局からお叱りの連絡が入ってくるそうです(国連職員や外交官は免除)。
Img_3471
通常だったら出迎え、携帯屋やレンタカー屋などが並ぶこの空間で、GPS機器の取り付け。

到着してドアオープンからバスの出発まではおよそ1時間15分ほど、オリパラの時の成羽の状況と比べたら、思ったよりスムーズでしたかね(便数・人数が違うとはいえ)。

バスは日本のODAで入れた、恐らくはタイ・いすゞ製の市内路線バスの転用。かなり段差高めのツーステップ車両で、荷物スペースもないので椅子の上にスーツケースを積み上げており、空港対応向きではないのは明らかですが、冷房のついた大型バスで、政府として徴発が容易だったのでしょうね。
車内は荷物半分・乗客は20台ほどですので、1本のフライトに数台のバスで対応しているようですが、空港からは市内15か所ほどの指定隔離ホテル(乗客側で、お財布事情を踏まえて選択できる)を順番に一つずつ回っていきます。車寄せにバスが入れないホテルでは、やはり白ずくめの保健省職員(?)が乗客をホテルの建物まで誘導して、勝手に逃げ出したりしないように担保していました。
Img_3474
この日本のODAマーク付きのバスで市内へ。

当方のホテルは市内の北東側にあり、到着まで1時間半近くを要し、市内をグルグルと巡る観光バスツアーみたいなもんで楽しくはありましたが、少々疲れましたね。

さ、このホテルで2週間の隔離生活に入ります。退屈しのぎのためにいろいろ用意はしてきましたし、リモートで仕事もありますけれど、
さてどうなることやら。

ぱにゃにゃんだー。

 





 

 

|

« さあ、赴任の日です。 | トップページ | 今更ですが。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さあ、赴任の日です。 | トップページ | 今更ですが。 »