2017年9月 2日 (土)

半分お仕事で漆器からーの、

今日は比較的キチンとした格好をして、朝7時半のYangon Airways YH-917便でバガン・ニャウンウーへ。この会社はヤンゴン空港での離発着時は、京王バスなランプバスがいいですね。
21192651_1453093194779687_874831450
Yangon Airwaysといえば、この空港の京王バスですね。

空港からそのままバガン市内の漆芸大学に向かい、午前中はこちらで開催されている漆器関係のシンポジウムに出席。半分お仕事ですが、今回は私用でのお出掛け。決まったのが直前だったのと、折角ここまで来るんだから・・・午後は寄り道して帰ろっかな、と思いまして。
21271318_1453093081446365_445339656
朝イチのフライトということで、ほぼ定時運行でした。

20526311_1453093254779681_858528710
バガン空港上空をいったん通り過ぎ、エーヤワディ川上空で反転して、西側から着陸します。

続きを読む "半分お仕事で漆器からーの、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

ドバイ・コネクト初体験。

そして昼過ぎに事務所のバンで空港に送って貰い、再度のエミレーツ航空15:05発のEK158便でドバイへ。
一緒に出張してきてドバイまで同じ便の同僚の中にはインボラUGを賜った者もいるほどの混雑で、4人掛けの(B777のくせに3-4-3のハイデンシティ仕様ってどうよ。国内線じゃあるまいし。)真ん中までぎっしり。
19756746_1402424493179891_124982120
ストックホルム空港の手前にあるB747の機体を活用したホテル。空港班の宿舎はここで良かったのではないか(笑)

19756882_1402420146513659_912349991
こんな位置からしか撮影できないのね…

19989564_1403100903112250_211255501
ドバイ空港からいろんな国の方々と乗合でトランジット・ホテルへ。

そしてドバイで一旦入国し、ドバイ・コネクトなる長時間乗り継ぎ客(8時間以上の由)向けのサービスで、空港からマイクロバスで5分ほどのところにあるホテルに運ばれ、無料でのご宿泊。
幸い0時半まではブッフェ・スタイルの夕食がこれまた無料だというので、深夜に食べてしまいます。外国人向けのアラブ料理、なのでしょうか。香辛料や味付けがきつかったりもせず、美味しく戴いてお休みさせて戴きます。今時のホテルで無料Wifiが部屋にもロビーにもないというのはちょっと・・・ですが、無料で泊めて貰ってるわけなんで、あまり強く言えたもんじゃないですが。
20031954_1403100946445579_246304816
トランジットホテルに到着。明日朝は6時半のバスに乗れとのこと。Wifiもないし、寝ましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

ストックホルムの朝。

さてあと半日。しかない。

ので早起きですね。慌ただしくホテルの朝食を掻き込んで出発。近くのバス停から頻繁にやってくるバスでストックホルム東駅(でいいのかな。Stockholm Östra駅)へ。
Aimg_6848
郊外私鉄のターミナル、的な佇まいのStockholm Östra駅。

ここから、北東方向に、途中で分岐しつつ3路線の民鉄が延びています。Roslagsbanan、ロスラグスバナンと読めばいいのでしょうか。この路線、世界でも例を見ない891mm軌間のナローゲージ電鉄で、走る車両は無難なある種没個性というか、ブサカワなスタイルの箱型電車ですが、VVVF制御の釣り掛け駆動というから、もうこれが新しいんだかなんなんだか。

Aimg_6856
ロスラグスバナンの車両。なんですかね。この東欧的ともいいたくなるような、模型化したくなるような可愛らしさは。

この日は、というかこの時期当分の間は、なんですが、3路線のうち1本が施設改善のため全面運休バス代行という案内が出されており、昼間のこの時間帯に発着する列車はNasbypark行きのみ。快速運行も休止されているようです。
Aimg_6857
3両編成の中間車は、中扉は車椅子対応の超低床になってますね。

ともあれ、当方は試乗目的なので、こちらも30分間隔で運行されている列車にのりこみ、3駅目のMorbyなる無人駅で下車、すぐに表れた対向列車のモーター音に聞き惚れてから、近くの地下鉄駅から市内へ向かうことにしました。

Aimg_6870
3駅目の無人駅で下車し、地下鉄駅まで10分ほど歩きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

北欧の長い夜。

今日の午後でお仕事終了。

なのですが、帰路のエミレーツはちょうど出たばかりで、我々の帰路便は明日の午後。ということで、最近のこの手の出張にしては珍しく、今晩は打ち上げも出来るし、少し街歩きも出来ますね。ヨーロッパ近隣国からの出張組は今晩中に帰れてしまうけれど、遠路遥々組にはちょっとありがたいです。
19756664_1401863949902612_748797260

地下鉄に乗ってまず向かったのは、
旧市街、ガムラスタン。例の宮崎アニメのモデルとなったとのこと。
19875218_1401863973235943_319377901

というわけで、仮事務所の片付け終えて、取り敢えずネクタイ外して、ホテル近くの地下鉄の駅で入手したのは、24時間有効のアクセスカード。地下鉄だけじゃなくてトラムやバスも乗車可能なもので、およそ1,700円ほどと当地の物価を考えればやむを得ないくらいの金額。1日券ではなくて、24時間というのがミソで、今日の午後と、明日の午前中、出発までの間フルで乗り歩きに使いまわせるわけです。

19959023_1401864023235938_108563700
観光トラム運行用に新設した路線が、そのまま生活路線になってしまったというトラム7号線。流石にこの時間帯はガラガラ。

というわけで、旧市街ガムラスタンに「魔女の宅急便」のラストで飛行船が引っ掛かった塔に行ってみたり、市街地の東部方面に延びる休日は車内で茶菓を楽しめる「カフェトラム」が走る(週末休日のみで、本日の運行は終了していましたが)7番路線のトラムに乗ってみたり、バスでショートカットして今度は北東部14番地下鉄路線の終点ロプストンからリーディング島に渡って伸びている21番路線LRT・・・元は郊外電車だったのでしょう、こちらに足を伸ばしてみたり。夜22時過ぎまでまだ薄ら明るいこの時期の北欧の夜を満喫(とは普通言わない文脈ですが)してきました。

19756721_1401864043235936_913166746
バスでショートカット移動して、

続きを読む "北欧の長い夜。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

気分転換は、欲しい♪

なーんだか、全然時間がとれず、とてもバックデートになってしまってすみません。
19756870_1400342943388046_235945124
こちらがストックホルム中央駅です。

今回のストックホルム応援出張、メインの仕事場はストックホルム中央駅のすぐそばのホテル内に作られた仮の作業スペース。
ともかく物価の高い北欧、ホテル内レストランやカフェの食事も当然高いのですが、今回少し救いだったのは、これがストックホルム中央駅直ぐ側だったということでしょうか1時間弱ほどのお昼休みがとれたこの日は、ブラブラ歩いて5分ほどの中央駅で、もし手頃なお店があったらそこで食べて・・・と思ったのですが、ついつい足はプラットホームの方へ。
19731884_1400343013388039_415424513
流線型の近郊電車が停まってます。乗ってしまいたい。

19961525_1400343016721372_379865405
こちらはインターシティ列車かしら。

ホームで電車を眺めていられたのはほんの10分ほどの短時間でしたし、昼間は近郊電車や空港特急が発着する程度と本数があまり多くないためか“行き交う電車を眺めながらの食事”に適当なお店もなかったので、結局“駅ナカ”売店で。どこにしようかな?、世界一高い北欧のマックかな?と思ったりもしつつも、結局やっぱり北欧と言えば!というイメージにつられ、サーモン寿司にしてみました。海老やアボガドの握りも入ったこのスーパーのお総菜みたいな一品が1,300円ほど。やっぱり安くはないんですが。
19732141_1400342956721378_766550493
出発案内。知っている地名は多くないですが、見てるだけで気分がアガります♪

そして駅の売店の雑誌コーナーには、実物・模型取り混ぜ、たくさんの鉄道雑誌が。英語と独語の物ばかりでスウェーデン語のものはありませんでしたが、さすがはヨーロッパ、人々の趣味活動が豊かでニーズがあるのですね。
19756857_1400350940053913_370778342
こちらのサーモン寿司が今日のお昼♪

朝から深夜まで忙しい応援出張中ですが、ちょっとした気分転換を入れることが出来ると、俄然やる気が続きますね。
19905106_1400343040054703_197091606
スウェーデン語の鉄雑誌はないみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

初北欧!(出張だけど)

今日は夜中の0時に事務所のクルマが迎えに来て空港へ。
乗るのは深夜02:10発のEK389便ドバイ行きのB777機。エミレーツ乗るのなんかアフリカ在勤時代以来だからもう15年以上ぶりになりますか。相変わらずオイルマネーにあかせて最新型機ばかり導入しているだけあって(?)機体はピカピカで綺麗ですね。

19601518_1396526903769650_644706359
さ、乗りますよー。

以前は500チャンネルはあろうかという豊富な機内エンターテイメントに驚かされましたが、今回は、当時よりも減りましたかね?映画も、運悪く「既にみた」とか、「見たいのに日本語吹き替えも日本語字幕もない」というものが多く、深夜便ということもあってあっという間に寝てしまいました。
19731874_1396815487074125_517851253
流石にこの時間発では、機内食は朝食のみ。でしょうね。
アンコール・ミルクとか書いてあるので、プノンペン積み込みらしいです。

早朝05:40着のドバイ空港では滑走路の反対側に到着したのか、バスに乗ってターミナルまで延々と走り、2時間半ほどの待ち合わせを経て乗り換えたのは08:15発のEK157便、ストックホルム行き。
19702277_1396816203740720_344935115
まだ暗い早朝のドバイ着。ランプバスはゆったりとしたソファーのようなビジネス、基本立って乗るエコノミーという、格差社会。

いやあ、まさか自分の人生にこんな地名が入ってくるとは思わなかった。出張とは言え、初めての北欧に足を踏み入れることになりました。仕事上も趣味的にも関心を持ったことがなかった地域のため、自宅の書架を見渡してみてもスウェーデンに関するガイドブックも蘊蓄本の一冊もありません。慌ててネットで少々の情報収集をしてみますが、物価ホントに高いらしいですね。
19601038_1396528427102831_192744686
うーん、「相棒」も「世界の片隅」もこないだ見ちゃったしなあ…

時差を越えて12:45に少々遅れて到着した小ぶりなストックホルム空港、直前に別の国際線が到着したらしく長蛇の列が出来ている入国審査カウンターは僅かに3つしか窓口が開いておらず、うち1つはEU民専用。そちらが捌けても、他地域の旅券所持者を呼び寄せるでもなく、ツアーのお年寄り(日本から、ドバイ経由で北欧なんてツアーがあるのね)など疲れて座り込んでしまう有様。優しくないねえ。
19247582_1397210190367988_514191937
二回目の朝食、っと。

なんだか時間かかるなー、と思いきや、一人一人丁寧に来訪目的だの滞在期間だの帰りのフライトだのを尋ねているのね。中には英語が全く通じない人もおり、結局入国審査を終えるまで1時間近くかかってしまいました。
19702479_1397210567034617_7206070_2
6時間ほどのフライトで、機内食2回提供って、珍しいですよね。

出迎えのワゴン車に他の出張者と一緒に詰め込まれ(空港特急でいいんだけど。いや寧ろそっちがいいんだけど、なぁ。)、市内中心部少し北側のホテルまで送られ、こちらもまた、高っかいこと。
19875213_1397212260367781_758434402
高速道路でストックホルム市内へ。車窓には空港特急の線路が見えて忸怩たる思い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

「Japan Rail Cafe」に行ってみた。@シンガポール。

昨日は会議終了後、遅めの夕食まで少し時間があったので、市内南部のタンジョン・パガー駅に隣接するビルの1階にJR東日本がオープンした「Japan Rail Cafe」を覗いてみました。
19554782_1389211707834503_808057715
地下鉄駅から地上に出ると、こんなお店が現れます。駅名標型の案内板など気分高まりますね。

こちら、急増を続ける東南アジアからの訪日インバウンド旅行客の取り込みを図って同社が昨年末12月にオープンしたお店で、我々日本人には殆ど縁のないJapan Rail Passや関連旅行商品(加えて少々の鉄道グッズ)販売と、飲食スペースが一緒になったもの。
19430154_1389211714501169_715665467
こちらが物品販売側。ちょっと品数、もう一息。

ひょっとしたら日本各地、少なくともJR東日本営業地域内のお菓子やその他の特産品が売ってたりしないかな、と期待していったのですが、そういったものは殆どないようで、鉄道グッズも大宮駅構内のお店とは比べるまでもなく(そりゃそうだろうけど)、そもそも販売スペースの棚はスカスカ。またイートイン・スペースも、日本料理や日本産食材を用いたメニューというわけでもなく、なんとなくガッカリ感を感じてしまいました(感想には個人差があります)。日本人客もそれなりにいるということでしたが、折角素晴らしい店舗を出したのだから、もう後一歩の頑張りに期待したいところです。
19437486_1389211711167836_613218586
こちら、ダイニング側。日本各地の食べ物、輸入食材などもう少し欲しいな…

そして今日の帰路はSQ998便。RGN~SIN間はSQよりもUBやMAIの方がやっぱり安いのですが、今日の夕方のヤンゴンでのお仕事の都合上、SQになりました。出発は07:55発、朝の6時過ぎにはチェックインしなければならないというのも少々シンドいですが、まあ仕方がないか。
前回のKL空港と違って荷物預けがスムーズに出来たのがまだ救いでした。

19598973_1389211774501163_1080987_2
メニュー。見えるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

久々の、

今日から2泊3日のシンガポール出張。今年に入ってからというもの、所謂応援出張(かなりの部分肉体労働?)が続いていたのだけれど、今回は久しぶりに会議出席のため。ということで、一応事前準備もキチンとやって、今日のフライトは10:35発のシンガポール航空SQ997便。スラバヤから転勤してきた時は、シンガポール経由ではあったのだけれど、このSIN-RGN間はSilkAirの小型機で飛んできたので、SQの機材での運航便もあるとは今回初めて認識しました。スラバヤ便もSQとMIが1フライトずつ飛んでいたけど、ここもグループ内ダブルトラック?なのね。

19430094_1387776291311378_830378177
写真撮りずらいなあ。ヤンゴンにシンガポールからの折り返し便が到着。

と、いうわけで、その前回転勤時のスラバヤ~シンガポール便依頼のSQのA330。この空港からワイドボディの大型機で出発するのは、もう2002年に初めてミャンマーに来た時(TGのA300だった)以来じゃないかしら。

そんな大型機に乗るほどの需要があるのか、それでも半分ほどの座席が埋まった機内、そして前回のKL便のMHよりは流石にSQ、キチンとした機内食が供され、1時間半の時差があるのでチャンギ空港着は15:10。シンガポール事務所のハイエースで他の近い時刻に到着した他国事務所からの出張者と纏めて送迎なのですが、一部到着便の遅れもあって暫く待たされている間にスマホ用のSIMを購入。

カンボジアもベトナムも、数ドルで買えた記憶があるのだけれど、何でも物価高のシンガポール、SIMの方もお高くS$30以上したのにはびっくり。たった2泊3日なのに(後で聞いたら、データ通信のみであればS$18のものもあった模様)。

19429747_1387964437959230_164910374
流石にSQは、質と量共にそこそこまともな機内食。ケーキも甘ずぎず、完食!

同じ会議への出席者と顔合わせを兼ねた夕食の後、市内オーチャード西部の中級ホテル泊まり。これで1万6千円って、ヤンゴンのホテルの値段も相当なもんですが、ここはやっぱり高いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

帰路の朝のKLIAは酷い。

お仕事終了、朝9時発のMH740便でヤンゴン戻ります。
事務所のクルマで2時間前に空港着いて、自動チェックイン機で一瞬で搭乗券(荷物タグも自動発券?されるのですね)は受け取れ、ここまでは順調な限りだったのですが、預け荷物のドロップオフにここから1時間15分の大行列。

17904351_1322028944552780_740220799
この行列ですよ。カウンターの数、全然足りてません。

やっとスーツケースを預け、こちらはそれほど深刻ではなかった出国審査を受けて搭乗ゲートに向かってみると、今度はゲートチェンジな由、エアロトレインと称する無人運転の電車に乗って移動したサテライトの、更に奥の隅っこの搭乗口に着いた時にはもう出発30分前になってしまっていました。そして待つ程もなく搭乗開始に。
18010655_1322028947886113_138393556
到着時はちょっとだけ尻尾が見えました。

これは絶対にまだ辿り着けてない人、遅れてる人いるよなー、と思っていたら、案の定、機内で延々待たされ、スポットオフは結局25分遅れ。
朝のKLIA、ちょっと要改善かと思いました。
17952900_1322028981219443_388216616
機内食はこの「ナシ・レマク」ですが、なんか、Air Asiaの3ドル位の有料食と変わらないね。味はまあ、ソコソコ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

また出張ですか。

つい一昨日の晩ヤンゴンに帰ってきたばっかりでしたが、今朝からまた出張です。はい、いつものロジロジ君で、行き先はマレーシアのクアラルンプール。今日から当地はティンジャン(ミャンマー正月の水掛祭り)の大連休なのですが、そんなこと日本のペースで仕事する人達には関係ないですよね。

17903577_1314574238631584_740936357

ところでこのティンジャン連休、当初は4/12~21(その後23日迄週末)という長大連休に過ぎたため、経済活動に支障を来すということで、ミャンマー政府は1ヶ月ほど前に突然短縮令を出しました、って少し前に書きましたかね。
17883528_1314574228631585_738668666
出発時も到着時も全然写真撮れませんでした。MH741便のB737-800型機。

ともあれ、タイのそれに比べて遙かに容赦ないという噂の水掛けに今朝は若干警戒したものの、流石に空港の入口で水を掛けようとする輩は現れず、無事に搭乗手続き・・・ 
と思いきや、手元のE-ticketには「第一ターミナル」と書かれているマレーシア航空、実は新しい第一ターミナルではなく、古い方の第二ターミナル発着だったということに気づかず、一旦外に出てスーツケースをガラガラと押しながら移動する羽目になってしまいました。結局汗だくよ。
17862783_1314590815296593_276598140
機内誌は大阪特集。ところどころに変な日本語が垣間見られますが。

そしてマレーシア航空MH741便、ヤンゴン~ハノイ路線よりも長い気がするのですが、出された機内食は↓こんな感じ、の、LCCの有料3ドルくらいで出されるような残念感の強いものでした。今はレガシーキャリアの短距離便は、皆こんな感じになってしまったのですかねえ。
17884075_1314881631934178_684198126
ラザニアというもの自体は嫌いではありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧