2018年4月 8日 (日)

出張終わり。晴れ晴れ。

1週間の出張、2年前の出張の時と同じホテルの同じ部屋だった仮事務所の前の同じソファで仮眠したりしながらも、事故無く、御目玉食らうこともなく無事に終了。打ち上げの乾杯も出来ないまま慌ただしくヤンゴンに戻ります。30261666_1663537240401947_917591246
“ラオスの凱旋門”、パトゥーサイ。

30261178_1663537247068613_210399879
夕暮れ時のメコン川。ホッとする一息。

観光したりする時間はまあなかったわけですが、メコン川の夕陽をチラリと見たり、市内では凱旋門パトゥーサイを眺めながら仕事が出来たり、2年前のASEAN首脳会合の際にエラい目に遭った国際会議場も外から眺めて感慨に浸ったり、ベトナム戦争の時の不発弾被害者支援センターを見学したり、トンルン首相の親族が道楽で?経営しているという高級ラオス料理レストランで慌ただしい食事をしたりすることが出来たのは幸い。
30262050_1663537140401957_906641434
これは空港路線ではない京都市バス。いすゞLVも入ってました。

Vimg_2613
このタイとの国際路線用のいすゞガーラも京都市マーク入りですね。

30515601_1663537153735289_344780521
こちらは昔ODAで新車で入れたタイ・いすゞ車ですね。

中心部の街並みは2年前と変わらず小綺麗な、爽やかな雰囲気で変わらずでしたが、他方で大型ショッピングモールが出来たり、中国の進出も益々激しいように見受けられました。

Vimg_2719
中国資本と思しき巨大なショッピングモールも出現。

Vimg_3217
メコン川近くの旧市街地のメインストリートの雰囲気は今も変わらず散歩したくなるような道でした。

帰路は13:20発のTG2571便、系列LCCのThai Smile運航でそちらの便名はWE571便とのこと。

LCCとはいいつつも、預け荷物は20kgまで無料、機内食に至っては、往路のTG便よりもまともなものが出されて驚きでした。こっちの方がいいんじゃん?
30441456_1663555690400102_164012374

Vimg_2748

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

今度はビエンチャン出張。

今日からまた1週間の国外出張。今回の行き先はラオスのビエンチャン。昼まで仕事して、前回と同じ15:20発のPG708のA319機でバンコク経由での出発です。

29792290_1657403494348655_415589721
ナローボディ機だったらBKK沖留めはまあわかる。

29790204_1657403467681991_751778916
タダのエコノミーでも、PGは短距離線にしてはまあまあの食事を出すもんね。

今回は、当初予定を組んでいた昼のTG便(系列LCC会社のThai Smileによる運行)がキャンセルになったとの連絡が暫く前にあり、急遽このPG便に変更になったのでした。

席はプレミアムエコノミー席のすぐ後ろの4C。男性客室乗務員が「ウェルカムドリンク如何ですか?」と仰るので、アップルジュースを頼む。数分後、「お客様はプレミアム席でないので、サーブできません。すみません。」知ってるよ。ちょっと期待しちゃったよ。このPGのプレエコ、他社のビジネスクラスとかと違って席はB,E席がブロックされて空けてあるだけで座席自体はエコと同じなので間違えちゃったんだよね。

30261567_1663536917068646_744415704
しかしA330で沖留めってどういうことよ。軽く見られてるなぁ、ビエンチャン線。

PGはエコでもBKKはラウンジあるし、わざわざ高いお金払って乗るほどのモノとは思えないので乗ったことないのだけれど、後ろから見てると、食事は陶器製トレイでサーブされたり、降機時のランプバスがエコノミーとは別の専用車だったりと、色々差別化をしようとしてるんですね。
30412121_1663536933735311_753439215
これでレガシーキャリアの機内食だからなあ。ホットミールっちゃあそうだけどさ。

17:20着のバンコクでは2時間ほどの待ち時間の後19:35発のTG574に乗り換え。このビエンチャン線、単距離だしB737かなんかかと思いきや、バスで連れていかれた先には大型のA330。しかも、満席ではないけど、それなりに乗ってます。BKK-VTEって、1日20往復近くあるヤンゴン線(DMK含む)と比べると、圧倒的に本数少ないんですよね。
シートTVもついていて日本の映画も入ってたので早速見てみようと思ったら、「この1時間の短距離路線ではイヤホンは貸し出しません、御自身のものをお使いください」だとのこと。そんな、飛行機のイヤホンのジャックって2ピンの特殊な形してるじゃないですか。そんなの持ち歩いてる人いないでしょ。

 

Vimg_2631
ヴィエンチャン空港のリムジンバスといえば、この京都市バスですよね(別の日の昼間に撮影)。

仕方ないので、BGMなきまま英語字幕を追いながら見てみましたが、疲れるよ、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

ブルネイ出張終わり、帰りますー。

(約)1週間のブルネイ出張を終えて、BI513便で来た時と同じくバンコク経由でヤンゴン戻ります。当然のことながら、往路と同じエアバスA320の新しい奴。ハノイへ戻る同僚とバンコクまで一緒の便でした。ブルネイのバンダルスリブガワン空港には、Royceのチョコレートが店舗を出してました(機内食でもデザートに)。当国はお金持ちだから客層として十分成り立つのですな。
Bbimg_1532_2
ブルネイといえばこのモスクが有名ですね。

 他方で同じ空港内には一村一品ショップなんてのも出店。バンダルスリブガワンの街がほぼ国、みたいなところだと思ってましたが、地方部・村、なんてのが存在するのですねえ。市内のスーパーで売られているものはマレーシアやシンガポール、豪州等からの輸入品ばかりで、国産品でお土産になりそうなものが殆ど売っておらず困ってしまいましたが、この店で売られているのは国産品ばかりということで、これ幸い。
Bb27972529_1604876176268054_1598749
空港の“一村一品”ショップ。一番ブルネイらしいお土産が買える?

Bb27751951_1604876256268046_1545329
来る時と同じ小型のエアバス機で。でも流石にピカピカの機材です。

さて滞在期間中、今のこの時期は雨季ということで一日中ドンヨリと曇りから毎日雨が降って鬱陶しい時期であり心配もしましたが、行事当日は晴れ上がって暑い午後になりました。やれやれ。まあ、今回もお仕事にて大きなトラブルなく無事終了したので一安心。マレー圏なのでバハサも通じるし(また、お前インドネシアから来たのか?とバレバレでしたが)、仕事はやり易かったのですが、仕事の後のビールが飲めないのは少々厳しいですね、住むには。在留邦人の皆さんもクルマ飛ばして国境越えたマレーシア側まで買いに行かなければならないのだそうです。
Bbimg_1536
市内の様子。マレーシア辺りのチャイナタウンの風景に似てるけど、あまり散歩欲をそそられない感じですね。そして市内の路線バスも、撮影する気にもならず。
Bbimg_1542
 なお外国人は、ビール350mlサイズで12缶+ワイン2本まで免税(要申告)だそうなので、出張や友人訪問でこの国に行く時は、お土産に持っていってあげるのが良いでしょう。
Bb27655419_1604715362950802_8693938
空港にも立派なモスクが。さ、お仕事終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

ブルネイへ出張。

 今日の午後からまた出張です。昼までいつもどおり仕事してから、15:30発のBangkok Airways PG708便で出発。チェックインの時には20分遅れと言われたのだけれど、確かに20分ほどの遅れで折り返し便が到着、少し古めのA319型機にいざ乗り込んでみると、折り返しの作業がスムーズにいったのか、5分ほどの遅れに短縮されての出発。
Pgimg_1439
少し遅れのPG機がヤンゴンに到着。

この区間でも一応ホットミールが出されるPGですが、今日のはダメダメでした。ヤンゴン~バンコク線という短距離区間で機内食に期待するのが間違いかもしれません。それでも一応出そうというのがレガシィ・キャリアの矜持か。出発前にヤンゴン空港で山小屋ラーメン食べといてよかったと思ってしまいました。
Pgimg_1446
今日の食事はハズレ。で、PGって、50周年なんですね。

 そしてバンコク到着は予想どおり沖止め。バスで延々走ってターミナルに運ばれたスワンナプーム空港で延々歩いての乗り換えを含めて3時間半程の乗り継ぎ。次のフライトは幹線でもありB787かと思いきや、またナローボディのエアバス機だそう。ロイヤルブルネイなんて、東ティモール在勤時に旅行で乗った時以来、だから、もう14年ぶり位になります。確かあの時は、デンパサールから飛んで、ブルネイと、コタキナ、フィリピンまで職場の友人を訪ねがてらの旅行でした。敬虔なムスリム国の飛行機のため機内でお酒が出されないのですが、「持ち込みは可」ということで、マニラからの帰途のB767で、隣に座ったオーストラリア人らしき乗客が免税店で買った赤ワインをがぶ飲みして酔っ払って席でこぼして、エラい迷惑だったのを思い出しました。
Bbimg_1458
タイ語で、バンダルスリブガワンって書いてある。きっと。そして、MAIとのコードシェア便ですか!

 ともあれ、バンコクからの乗り継ぎのBI520便の搭乗券はヤンゴンでは発券できず、ここで再度受け取ってくれということだったので、トランジット・カウンターのお姉さんにテレビの画面見せてもらいながら、非常口席の足元の広い所を確保。今晩のバンダルスリブガワン到着は日付変わって夜中の0時半の由。出張初日から疲れますわぁ。
Bbimg_1459
久し振りのRoyal Bruniで、行って来ますかね。

Bb27750479_1604715162950822_1998901
当然、降機してからの追加写真ですが、BIの機内食。機内放送では「Light Mealの提供」とのアナウンスでしたが、かなりちゃんとした食事。流石レガシーキャリア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

少し悔しい出張。

昨日今日とバゴー地域北西部のオッポー、ジョーピンガウックというエリアに出張で行っていました。それどこ?という感じですが、ピィ本線のレッパダンの少し北の方、といえば、このブログを読んでおられる方なら皆さんおわかりかと。
Lpimg_1083
段々道が悪くなって来ました。

Lpimg_1065
この悪路に現れた加悦興産のFellow Line塗装の7E。定期路線ではない模様。

ヤンゴンとピィとを結ぶ幹線国道を外れると、あっという間に道は未舗装、ドンドン悪くなっていく道を借り上げの四輪駆動のプラドーでガタガタと走り、最後はクルマの入れる道がないところを、バイクのリアシートに乗せて貰って走って行くような奥地。
Lpimg_1188
バイクで移動する出張というのも珍しい。

この辺り、毎年雨季の洪水が激しい地域で、村の家は1階が倉庫、住居は2階になっており、ボートを備え付けてある家が多いのが印象的でした。
Lpimg_1070
こんな感じの住宅が多い地域です。

昨晩の泊まりはレッパダンのロイヤル・パインヒル・ホテルなる、昨年10月にオープンしたばかりの新しいホテル。
にしては、Wifiなし、お湯も弱いし、部屋の造作も随分ヤレが激しい気がしますが。まあ清潔なのが良しとしましょうか。場所は、駅からは少し離れていてバイクタクシーで10分くらいですかね。国道に出たところの四つ角の、200m位北側にありました。
Lpimg_1151
Royal Pine Hill Hotelという名前でした。

明けて翌朝。今回の出張時に、偶々同じタイミングで近隣地区に出張している同僚のS木さん、の訪問先の村の一つは、やはりクルマで行ける道がないため、未舗装の細い道を延々バイクに揺られていくか、あるいは荷物についてはレッパダン~タラウォー間を結ぶ鉄道!が貴重な交通手段になっているのだそう。

Lpimg_1160
”チャーター列車”とは、この保線車両でした。

今回のプロジェクト中の建設資材も、列車をチャーターしてレッパダンから運んだ、この日の往訪もチャーター列車で往復する!という話を聞き、
なんだ、車両は何を使うのだ、(レッパダンの車庫に停まっていた)RBE2520(元のと鉄道)か、或いはLRBEだったら許さなんぞ、俺が代わりに成り代わっていくぞ、云々とブツブツ言いながら早朝のレッパダン駅に行ってみたら、
待ち構えていたのは、この保線作業用の車両でした。この後部の荷台と、連結した平台車に建築資材を積んで、定期列車の合間を縫って運んでいたのだそう。
Lpsimg_1168
出発していく列車を見送り、こちらも今日の仕事場へ。

当地に着任してから汽車に乗るのが初めてだというS木さんがニコニコしながら運転台に添乗して出発していくのを指をくわえて見送り、こちらも今日のサイトに向かうことにしました。
雨季の冠水が酷く、道路交通が十分に機能していないこの地域で、英国時代に建設されたヤンゴンとパテインを結ぶルートをになっていたレッパダン~タラウォー間の支線が、ヒンタダへの渡河連絡がほぼ不要となった現在でも、老朽化した橋を架け替えてまで今も走り続けているのは(前回来た時も盛況でした)、こういう事情があったのですね。
Lpimg_1125_edited2
こいつが“チャーター列車”だったら、もう悔しくて眠れないところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

初乗り機材で。

無事に今回もお仕事終了、
なのだから、帰りくらいは出来ればもう少しゆっくりしたいところですが、ヤンゴン7時発の朝一のフライトの折り返しとなる、8時20分発のヤンゴン行きUB102便でのヤンゴン戻り。ヤンゴンは首都ではないので、“帰京”とは言わないのでしょうね。

23754956_1524399287649077_9122589_2

今日のこのフライトはEMB190型ジェット機による運航。
三菱MRJのライバルとなる機材ですよね。UBは新旧2種類の塗装のこの機材を持っていますが、今日は新塗装の方でちょっと残念。
とはいえ、仕事の途次とはいえ、初乗りの機材ということで、少々気分が弾みますね。
Nimg_9981

前方席には、同じ2-2配置ながら、座席間隔の広いビジネスクラスが設けられています。
当方の座席は運良く非常口前の足元の広い席。
横に座った大柄なアメリカ大使館員の、「議員のお世話ばっかりだよー」という半分愚痴のようなネタ話を聞きつつ、ホテルに続いて2回目の朝食をいただいてしまえば、ウツラウツラする暇も無くもうヤンゴンへの着陸態勢へ。フライト時間35分ですからね。あっという間です。

23754929_1524399334315739_728228708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

久々の出張。

今日から3泊4日のネピドー出張。
朝5時起きで事務所のクルマで空港へ向かい、7時のUB101便は今日はATR72型機での運行。ネピドーで明日から大規模国際会議があるので機内は満席ですが、増便するなり大型機を使うなり(明日の同便はB737運行の由)すればいいのにね。
23722234_1524399314315741_128841008

機内食は、まあいつものこんな感じで、コーヒー貰って食べて、さっさと一眠りします。今晩からどうせまた眠れなくなるのは目に見えてるし。

23659401_1524399320982407_977834868

さ、では頑張って仕事してきましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

半分お仕事で漆器からーの、

今日は比較的キチンとした格好をして、朝7時半のYangon Airways YH-917便でバガン・ニャウンウーへ。この会社はヤンゴン空港での離発着時は、京王バスなランプバスがいいですね。
21192651_1453093194779687_874831450
Yangon Airwaysといえば、この空港の京王バスですね。

空港からそのままバガン市内の漆芸大学に向かい、午前中はこちらで開催されている漆器関係のシンポジウムに出席。半分お仕事ですが、今回は私用でのお出掛け。決まったのが直前だったのと、折角ここまで来るんだから・・・午後は寄り道して帰ろっかな、と思いまして。
21271318_1453093081446365_445339656
朝イチのフライトということで、ほぼ定時運行でした。

20526311_1453093254779681_858528710
バガン空港上空をいったん通り過ぎ、エーヤワディ川上空で反転して、西側から着陸します。

続きを読む "半分お仕事で漆器からーの、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

ドバイ・コネクト初体験。

そして昼過ぎに事務所のバンで空港に送って貰い、再度のエミレーツ航空15:05発のEK158便でドバイへ。
一緒に出張してきてドバイまで同じ便の同僚の中にはインボラUGを賜った者もいるほどの混雑で、4人掛けの(B777のくせに3-4-3のハイデンシティ仕様ってどうよ。国内線じゃあるまいし。)真ん中までぎっしり。
19756746_1402424493179891_124982120
ストックホルム空港の手前にあるB747の機体を活用したホテル。空港班の宿舎はここで良かったのではないか(笑)

19756882_1402420146513659_912349991
こんな位置からしか撮影できないのね…

19989564_1403100903112250_211255501
ドバイ空港からいろんな国の方々と乗合でトランジット・ホテルへ。

そしてドバイで一旦入国し、ドバイ・コネクトなる長時間乗り継ぎ客(8時間以上の由)向けのサービスで、空港からマイクロバスで5分ほどのところにあるホテルに運ばれ、無料でのご宿泊。
幸い0時半まではブッフェ・スタイルの夕食がこれまた無料だというので、深夜に食べてしまいます。外国人向けのアラブ料理、なのでしょうか。香辛料や味付けがきつかったりもせず、美味しく戴いてお休みさせて戴きます。今時のホテルで無料Wifiが部屋にもロビーにもないというのはちょっと・・・ですが、無料で泊めて貰ってるわけなんで、あまり強く言えたもんじゃないですが。
20031954_1403100946445579_246304816
トランジットホテルに到着。明日朝は6時半のバスに乗れとのこと。Wifiもないし、寝ましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

ストックホルムの朝。

さてあと半日。しかない。

ので早起きですね。慌ただしくホテルの朝食を掻き込んで出発。近くのバス停から頻繁にやってくるバスでストックホルム東駅(でいいのかな。Stockholm Östra駅)へ。
Aimg_6848
郊外私鉄のターミナル、的な佇まいのStockholm Östra駅。

ここから、北東方向に、途中で分岐しつつ3路線の民鉄が延びています。Roslagsbanan、ロスラグスバナンと読めばいいのでしょうか。この路線、世界でも例を見ない891mm軌間のナローゲージ電鉄で、走る車両は無難なある種没個性というか、ブサカワなスタイルの箱型電車ですが、VVVF制御の釣り掛け駆動というから、もうこれが新しいんだかなんなんだか。

Aimg_6856
ロスラグスバナンの車両。なんですかね。この東欧的ともいいたくなるような、模型化したくなるような可愛らしさは。

この日は、というかこの時期当分の間は、なんですが、3路線のうち1本が施設改善のため全面運休バス代行という案内が出されており、昼間のこの時間帯に発着する列車はNasbypark行きのみ。快速運行も休止されているようです。
Aimg_6857
3両編成の中間車は、中扉は車椅子対応の超低床になってますね。

ともあれ、当方は試乗目的なので、こちらも30分間隔で運行されている列車にのりこみ、3駅目のMorbyなる無人駅で下車、すぐに表れた対向列車のモーター音に聞き惚れてから、近くの地下鉄駅から市内へ向かうことにしました。

Aimg_6870
3駅目の無人駅で下車し、地下鉄駅まで10分ほど歩きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧