2018年11月 9日 (金)

(初)パプアニューギニアへ。

今日から少し長めのパプアニューギニア出張。
昨日8日朝にヤンゴンを出て、SQ997便でシンガポール、長時間の乗継を経て、こちらも当然初乗りのAir Niugini、PX393便でポートモレスビーへ。

46497920_1955339357888399_761701854
シンガポールからポートモレスビーへ、初搭乗のPXで。

機内食が意外と旨いとのネット情報のPX、エコノミーではそれほど美味しい!というわけではありませんが、パサパサのSQ(RGN-SIN)よりはずっとマシでしたね。

46523726_1955339427888392_462878514
PX393便の機内食。まあまあかな。SQのよりは美味しかったです。

機材は古いB767でしたが、シートTVでは日本の映画も有り(なぜか『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』だったのですが)、まあ快適に過ごせました。

46432646_1955339344555067_287282097
パプア史上最大の国際会議、APEC2018外相会合・首脳会合を控え、国中歓迎モードです。

この地域では特に治安が悪いというポートモレスビー、さあ、10日余り、少しでも楽しめるとよいのですが。

46505757_1955339421221726_764830035
一夜明け、早朝5時のポートモレスビー空港着。Air Niuginiの塗装、新しい政府専用機に似てませんかね。

46401456_1955339527888382_797646958
飛行機を降りてから入国審査へ向かって歩く通路にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

ミンゲ工場訪問。

昨晩ヂョーから夜行バスでヤンゴンに戻らずに、マンダレーにやって来たのは、この街でちょっと寄り道をするため。
長らく行きたいと思っていた、市内南方のミンゲにある、鉄道車両工場を訪問する許可が取れたので、またとない機会でもあり、少々無理をしてでもお邪魔してみた次第。

Mimg_1175
正面入口の建物。ここから入るわけではないのですが。

勿論ネット上には、過去に訪れた方の訪問記がいくつもありますし、どんな日本からの中古車両があるかなどについては、詳しい方のネット記事や雑誌記事をご覧いただくとして、今回はごく短時間の訪問だったこともあり、当方としては個人的に面白いと感じたものを幾つか。

Mimg_1177
よく整備された工場内。日本人の技術指導も入っているそうです。

Mimg_1187
この整備工場では、年間約40両ほどのペースで客車を新造しています。
また、それとは別途、隣の新工場では(黄緑塗装の)中国客車をCKDにて年間10両ほど製造しているそうです。

Mimg_1186
この整備中のキッチンつきの寝台特別車両BTEは、貸切増結運行ができるそうです。

Mp1360391
建物の外には、懐かしい北斗星のブルートレイン車両が。オロハネ25でしたっけ。

Mimg_1194
おっと、君は、ブルトレじゃないよね?

Mimg_1210
北海道時代と国鉄色のキハ183が並びます。こちらはMRには未登録のまま。

Mp1360408
車高を下げるために高運転台を取り払ってはみたものの…

Mimg_1220
トラバーサーの向こうにトリコロール・カラーのキハ58が見えますね。

Mp1360407
でも個人的には、やっぱりこっちも捨てがたい。捨てないけど。

そして午後のUB003便、ヤンゴン経由のシンガポール行きでヤンゴンに戻ります。
国際線扱いの旅客と、国内線ヤンゴンまでの旅客が混在している機内。何か間違いが起こったりしないのか、少々心配になります。

M44658219_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

二年ぶりのカレイミョへ飛んできました。

10月21日(日)朝、今日はゆっくり起きて、お昼前のUB603便、ATR機でカレィミョへ飛びます。

P44450403__n
いつものATR機でカレイミョ空港に着きました。

ピィからこの地域へ向けて陸路北上していくと、どうしても時間がかかり過ぎるし、体力温存ということで、ヤンゴンから飛んでいくことにした次第。その方が結果早くて楽、ということになってしまうわけで、長距離交通はヤンゴンに集中し過ぎです、この国。

Pimg_1037
ガンゴーからカレイミョに到着間近の139UP列車。

Pimg_1039_2
ちょっと踊った感じの文字のサボが楽しいですね。

この国に赴任してきてすぐの頃、チン州のプロジェクト・サイトを訪問するために出張で来訪して以来ほぼ2年ぶりのカレイミョ。

今日はカレィミョ空港から、名前だけは軍記物読んで知っていたヒトマーへ(発音はhットマー、くらいに聞こえます)バイクタクシーで向かうことにします。

P44421690__n

Pp1360068_
かつてここに日本軍の飛行場があった、のだそうです。今はバンカーなども全て取り壊されて、田んぼになってしまっています。

先の大戦中、インパールを目指して進出してきた日本軍の飛行場があった所。行き掛けの駄賃に、ほぼ定刻にやって来た、ガンゴーからのカレィミョ行きをすれ違いざまに踏切端で1枚。

Pp1360088_
カレイミョ市内に戻ってきて、駅近くのバスターミナル。大分空港と書かれたバスはマンダレー~カレイミョと書かれています。

ヒトマ―の村を通り過ぎ、お歳を召した住民の方に教えを請いつつ未舗装の細い道を進み、靴を脱いで川を渡ったりしながら辿り着いた飛行場跡地は完全に田圃になり何も残っていませんでした。そこからは木陰の休憩所で休んでいた地元の農民の方が案内してくれたのですが、「あっちとあっちに全部で5カ所の飛行機格納用の壕があったけど、全部イギリス軍の空爆で壊されて、今は何にも残ってない」との事。

Pimg_1060
カレイミョ駅舎。中にレストランがあるような看板はありますが、営業してなさそう。

確かに飛行場があったくらいの長さの平原に、今は田んぼが広がっていますが、ここに軍用飛行機がひしめく、そんな時代もあったのでしょうね。

P44516092_n
前回乗車したLRBE61号車は、未だ綺麗な状態。

そして街に戻り、夕暮れ間近のカレィミョ駅を訪問。

現役を退いたLRBE36と61、機関庫の方に声をかけてみると、まだちゃんと動くというんですから驚きです。今の列車の運行は標準型のディーゼル機関車が牽引する客車編成ですが、非常時の救援列車などで使われ(得)る、というのですから。定期列車でもチャーターでも、動かしてくれれば、日本人がこれ目当てに来ますよ。

P36kalay1_5
LRBE36号車も、稼働可能に見えますね。

そして、駅の奥の方に留置…というのですかね。2台のD1Bは半解体状態となってしまい、もう復活が望める状態ではありませんでしたが(涙)。

P44478096_n
こちらのD1B-303号車は、残念ながら解体途中の趣。

Pimg_1057
タルボットの銘板が台車に残っていました。

P44471472_n
日野のトラックエンジンはこのように積まれていたのですね。

Pimg_1052
こちらのD1B-301号車も、既に命運尽きた状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

お仕事終わり。やれやれ。

半月余りの東京勤務も終了、今日のANA便でヤンゴンに戻って来ました。
お仕事の中身はここには書けませんし、滞在中、週末も含めてお仕事だったし、台風の来襲などもあり、自由な時間は殆ど取れませんでしたが、それでもお台場の「Global Festa」や日比谷公園の鉄道フェスティバルも短時間ですが覗いてくる事もでき、ちょっと一休みする時間が取れたのは幸いでした。

Nimg_6128_
成田のラウンジで、朝カレー。

いつものように、タクシー->新宿->N'EXで成田に向かい、最後のお買い物。
そして今日のANA便はガラガラ。ちょっと変わった「唐揚げと野菜弁当」なるものを選んでみたお食事は、機内食なので衣の揚げたて感はないものの、程よく汁に浸されて却って個人的には好みだったかも。

Nimg_6133
カレー食べた後なのに、このフルトレイの機内食を完食できたのだから、そこそこ美味しかったということなのでしょう。

Nimg_6134
トイレに置かれていた乗務員さん手書きのメッセージカード。これが日本のおもてなしだとか大上段に構えるつもりはありませんが、ちょっとした心遣いが嬉しいですね。

Nimg_6136
さ、ヤンゴンに戻って来ました。流石に疲れました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

一時帰国(お仕事ですが)。

話は相当にバックデートしますが、ブログ書いてる余裕がなかったので。自分の記録の意味で、書き込んでおきます。
昨9月23日夜のANA便で今朝日本に戻って来ました。一時帰国ではありますが、休暇ではなくてお仕事、用務帰国という奴ですね。これから半月少々、東京でのお仕事です。

42460207__n_3
今日はほぼ満席近かったのですが、3人掛け中央の真ん中座席が空いたところを確保できてやれやれでした。

とはいえ今日は祝日で流石にそのまま出勤しろという日程にはご容赦いただいたようなので、いつもどおり成田から宅急便で荷物を実家に送り、1,000円バスで東京駅へ、そして突然にもかかわらずわざわざ出向いてくださった友人2人と神田でお昼ご飯。そして万世橋ホームの(復活した)カフェに立ち寄って来ることも出来ました。

Nimg_6026
成田到着。この方向だと撮りづらいなあ。

さ、明日からは毎晩遅くなりそうです。頑張りましょ。

42388900_n
万世橋のこのお店、復活したんですね。素晴らしい立地ですから。傍をかすめる列車は殆ど同じのばっかりですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

いろんな乗り物な一日。

HYUNDAIのワゴン車のタクシーで連れて行って貰った国境から、早々にタイ側に戻ります。
今日先ほどの、同じ日付の入国印がある出国審査ですが、そんな旅行者も多いのか、何の質問もなくさらっと出国。待つことしばし、タイ側のハイデッカーのシャトルバスが現れ、国境の橋を越えてタイ側に戻ります。

Timg_5763
ラオス側国境に到着。この橋はオーストラリアの援助で作られたので、大きな記念碑が。

この国境シャトル、出国後の緩衝地帯とでも言いましょうか、両国国境事務所の間の橋を越える区間をタイ・ラオス双方のバスが交互に運行しており、ラオス側の車両は元京都市バスなんでそちらを待ってみてもいいんですが、空席があったのでそのまま足を進めてしまいます。いざ乗ってみたら、格好の良い見かけとは裏腹に車内は随分草臥れて掃除も行き届いていません。大荷物の人の多いシャトルバスにハイデッカー車というのも気が利かないですし。

Tp1350247
ラオス側の車両はこちらの京都の市内路線車。

タイ側国境も何の質問もなく事務的に入国手続きを終えると、その少し先にはウドンタニ空港行きのハイエースが待ち受けており、昼間は1~2時間間隔で出発している模様(B150)。ノーンカイ市内の事務所によってから空港に行くので、多少時間はかかるようですが、荷物がある時は便利ですよね。

Tp1350250
タイに入国したところにこのハイエース乗り場。Nok Airの看板がありますが,勿論誰でも乗れます。映ってるのは運ちゃん。

Tp1350251
タイは、この手の“ヤン車風”?のモディファイが好きですよね。

このまま空港行っても少し早過ぎるので、ウドンタニの市内へ一旦入ることにします。というのも、目の前にビエンチャンからウドンタニ行きの国際バスがタイミング良く現れたからで、これがまた京都市のマークを付けた爽やかな色合いのいすゞ・ガーラだったりしたからで。京都市内観光バス?と思ったら、車内には運賃の表記があり、路線車だった模様。調べてみたら、水族館シャトルに使用されていた車両のようですね。

T41651267_1869442239811445_33091044

Tp1350244

ウドンタニ市内のモールには、こんな市内観光用の「トラム」なるものが。
勿論レールの上を走るものではありませんし、かつてこの街に市内電車が走っていたわけでもありません。

T41667413_1869442216478114_26634924

そういえば、タイではここから少し南に下ったコンケーンにトラムとLRTの建設計画があり、前者に関しては広島電鉄から中古車両の贈与がなされるという話になっているそうで。
ヤンゴンのトラムを想起させずにはいられない話ですが、果たしてどうなるでしょう? 楽しみにしておきましょう。

T41703334_1869442409811428_20469302
ウドンタニ空港からは、なんとかの一つ覚えですが、Thai Air AsiaのFD3355便でドンムアンへ。せっかくThai LionやらNok Airとか他のLCCもあるのだから、別のにすればいいのにね。ポイント貯めてるわけでもないのだし。たまたま時間帯がよかっただけです。

T41721344_1869442476478088_786624_2

ドンムアン空港からは大荷物を抱えた乗客で満員…ではないものの、大量のスーツケースなどの荷物のお陰で足の踏み場がない状態の空港バスA1ルートでモーチットのバスターミナルへ移動。
以前は道端の外国人にはわかりづらい停留所から発着していた“ロットゥー”と呼ばれる乗合ハイエース車、これがちゃんとしたターミナルからの発着に纏められてわかりやすくなっていました。

T41709775_1869442479811421_41841219
モーチットのバスターミナルの向かいにある、ロットゥー・ターミナル。

T41700989_1869442519811417_72061826
CNG車なんですね。給油、ではなくて給気中。

しかも、ネットで予約できて支払いまで済ませられるようになっていたのは驚き。このロットゥーという乗合車、もともとは闇バスみたいなものだったと思うのですが、運輸当局としてキチンと交通体系の一環として組み込んだということなのでしょうね。

こちらで今日の目的地カンチャナブリまではおよそ3時間半ほど。ルート上であれば、予約客を道端で拾っていくのですが、その客が指定場所・時間にいなかったりすると、これを待ってみたり電話で呼び出したりということで5分10分と浪費するのは少々いただけませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

新型寝台特急で。

プノンペンからバンコク(ドンムアン)へは、17:05発のThai Air Asia FD607便でひとっ飛び。空港でタイのSIMカードを調達し、空港ビルから高速道路を挟んだ反対側… だったのですが、高架鉄道の橋脚が建ち並び、以前の駅舎は取り壊され、すっかり雰囲気の変わった国鉄SRTのドンムアン駅へ。ここから夜行列車に乗るのなんか、もう何年、いや十何年ぶりだろうか、と少し感動。

Timg_5705
エアアジアでドンムアンへ。沖留めでした。

定刻を15分ほど遅れて到着した今夜の宿は、特別急行25列車「イーサーン・マンカー」号ノーンカイ行き。残念ながら旧JRのブルートレインではなく、最近各線に順次導入されて来ている中国製の新型ステンレス車両です。

Timg_5710
雨のドンムアン駅で夜行列車を待ちます。右手の高架線の下にあった駅舎はなくなってしまいましたね。

以前から走っていたこの東北線ノーンカイ行きや北線チェンマイ行きを置き換えた他、新たに新設されたウボーンラチャタニー行き特別急行「イーサーン・ワッタナー」号等に投入されてきており、愛称名をつけるなど、国鉄側も宣伝を進めているようです。

T41743007_n
少々の遅れで到着です。ノーンカイ行き「イーサーン・マンカー」号。

運転開始は2016年10月ということですから、既に2年ほどが経っており目新しいわけではないのですが、当方が以前タイの夜行列車に乗ったのは、当時はまだ日本中古のブルートレインが活躍していたチェンマイ~バンコク路線で、もう5年も前の2013年ですから、久しぶりだし気分は上がります。

T41650099_n
電光表示となった行先表示は英語表記とタイ語表記の切り替え式。

自動ドアが開いて乗り込んだ… のは食堂車。
もう時刻はもう21時を回っており、一旦席についてしまって腰が重くなっても困ります。車掌さんに切符(ネット予約してプリントアウトしたもの)を見せ、メニューを開きますが、あれれ。夕食メニューとして幾つかの定食セットと、飲み物はソフトドリンクだけ。

T41713480_n
食堂車は清潔ではあるのですが…

T41761472_n
メニューにはビールの文字はなく、

T41781949_n
味気ないプラトレイ入りのレンチンご飯…

そう、タイ国鉄は、泥酔した乗務員による痛ましい事件が起き、全線全駅全車内で禁酒となってしまいました。ドンムアンの駅の売店でもビールの販売はありません。車窓を眺めながらビールを傾けるという楽しみはなくなってしまいました。

T41741848_n
綺麗な二等寝台の車内。上段の方が少し狭くて安いんですよね。

Tp1350185
日本だったら、開放式A寝台、と呼ばれていたプルマン式寝台。

そしてかつては車内でちゃんと火を使って調理していた食事も、今は味気ないレンチン食になってしまいました。プラスチックのトレイで供された210バーツの夜定食をボソボソと食べ、何となく残念な気持ちに。

Timg_5719
Wifiの電波が飛んではいるのですが…

とはいえ、この新型車両は極めて快適です。当方に指定されたのは隣の2等寝台下段。ネットで購入した時には残り僅か、下段が取れてラッキー!という画面表示だったのですが、いざ乗ってみると、半分とは言わないまでも、1/3程の寝台は空いているようです。まだこれから乗ってくるのかな? 

Timg_5729
車内に設けられた液晶画面。外気温や次の停車駅などなど。

ともあれ、割り当てられた寝台、リネン、洗面所も極めて明るくて清潔で気持ちよく、通路に設けられたLCD画面には停車駅などの情報と、寝台内には今や当然となった充電プラグが設置。どうやらWifiの電波も飛んでいるようですが、こちらは接続するには至りませんでした。テスト中なのかな。

というわけで、暫くは夜の車窓を眺めていましたが、いつの間にかウツラウツラ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

ルート変更でカンボジアへ。

ハノイでの週末+@を過ごした後、月曜の午後、諸般の事情で当初のホーチミン・シティ経由プノンペン入りを変更し、VN837便にてシェムリアップへ直行することにしました。
事前に購入していたSGN-PNHのVNフライト(カンボジア・アンコール航空運行のコードシェア便)が時刻変更で5時間ほど遅れた夜中近くのPNH到着になってしまったとの事情もあってか、あるいは元のチケットがそれなりに高いステイタスのものだったからか、変更手数料なし、というか無料払い戻しで新しいチケットを買いなおして、結局寧ろ少し安くなりました。

41409102_1865213193567683_690240738
超逆光のシェムリアップ空港に到着。

昔はプロペラ機(しかも古いアントノフ24とか)ばかりだったこの空港も、今は近隣諸国から、そしてプノンペンからの国内線も含め、たくさんのジェット機が乗り入れてきています。

41518495_1865212976901038_342871676
中途半端な時間帯だからか、機内食は軽めで。案外美味しい。

日本人と韓国人の乗り継ぎ客だらけのA321機で到着したそのシェムリアップ、空港も随分立派になってますね。
世界的に有名な観光地ではありますが、十数年ぶりになるはずのアンコールワットはスルーして、三輪車で市内のタクシー乗り場へ移動(5ドル)。

41527424_1865213330234336_130203733
空港の出口から三輪車で市内へ。結構お高めなのは観光地だから仕方ないか。

ここからLEXUSのSUV車のタクシーでポイペトへ向かいます。
こちら、本来は乗合車なのですが、今この時間はもうそちら方面への相乗り乗客はないようで、全席買い上げになり、40ドルのお支払い。まあこれは想定内、ネットで調べた相場です。
出発前、客引きというか、タクシー乗り場での仕切り屋をしていたオヤジと雑談していた時、「どこから来たの?」「ミャンマーから来たんだ」と言うと、「ミンガラーバー」(笑)。「最近、坊さんのグループが来たので、世話したんだ」と。「この一言しかわかんないけどねー」。
へえ、そんな交流もあるのですね。

41513708_1865213363567666_368674653
こちらの古い(初代)レクサスRXのタクシーでポイぺトへ。

そして走り出した車は、街を出てからというもの、すっかり整備された約150kmの道のりを2時間半弱、ずっと60~70で走り続けてます。
随分スピード感あるなあ、と思ったら、メーターが140までしかありません。アメリカあたりからの中古車なのか、マイル表示なのね。日が暮れてしまうと街灯もない一般道、途中で雨も降る中、飛ばし過ぎです。少しばかり怖かったかも。

41484351_1865213413567661_918092229
夕暮れの一般道を時速70マイルで疾走中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 7日 (金)

遅めの夏休み:ハノイへ。

金曜日、時間休取って事務所を1時間早く抜け出し、18:55発のベトナム航空VN956便のA321型機でハノイへ飛んできました。今日から少し遅めの夏休みです。
以前出張で使ったことのあるフライトで、所謂レガシーキャリアなのですが、同じルートを飛ぶLCCのVietJetと比べても値段に殆ど差がなかったこと、時間帯がよかったことから、こちらにしました。このベトナム航空、なんかすごく安かったです。RGN-HAN往復で税込み$140位とか。

41262290_1860883237334012_196819426
夕暮れのヤンゴン空港。隣のエミレーツは、ヤンゴン経由のプノンペン行きですね。

機内は半分ほどでしょうか、金曜夜ですが随分と空いてる印象。
そして1時間半ほどの短距離便ではありますが、きちんと出てくる機内食。前回昨年1月の出張の時は結構美味しかったような記憶があったのですが、今回はダメダメでしたね。

41252073_1860883264000676_534837037
美味しく、ない。残念。良かったのはプリンくらいかな。

そして前回同様の沖留めからのバスでターミナルへ移動。このフライトの乗客の大半が乗り継ぎ客だったようで、入国審査ゲートの方に向かったのは数名という感じでした。日本行き、韓国行きなどの夜行便に接続しているのですね。

41238415_1860883337334002_342354262
夜着の短距離便だから冷遇されているのか、前回同様沖留めのハノイ空港。

そしてすぐ後ろから、仁川からのKE便が到着したようで、こちらは大型機一機分の乗客が入国審査にドッと押し寄せてきました。一瞬早く着いてよかった。

そして到着ロビーで両替して、SIMカード買って、旧市街大聖堂近くのホテルへタクシーで向かいました。

41326781_1860883367333999_836354720
ハノイ空港といえば、この日系免税店ですが、これからヤンゴンに帰るわけではないので、今日は冷やかしのみで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

出張終わり。眠い。

無事に出張業務も終了、幸い雨に降られることも殆どなく、ヤレヤレでした。
朝一07:40発のUB122便、今日はB737機でヤンゴンに戻ります。その為にはホテルを6時半には出なければならないわけで、起きるのは・・・ 

38641242_1814126718676331_464114414
ホテルの部屋から眺める朝の景色。

通常の時間に起きてノンビリ朝食食べて昼便で帰りたいところですが、可能な限り速やかにヤンゴンに戻って、そのまま事務所に直行して仕事しろというお達し。平日勤務時間中なので、そりゃそうなのですが、キビシいねえ。

38697863_1814126775342992_175716515
帰路はB737で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧