2019年1月25日 (金)

ネーピードーの飛行機カフェ。

少しバックデートになりますが、23~24日でネーピードー出張でした。この不思議な首都に行くのも、恐らく最後かな。
といっても、仕事の話はここには書けませんので、書きそびれていた、前回ネーピードーに行った時にちょっと覗いてみた、飛行機カフェについてメモしときます。

Fimg_3966
これはUBの旧塗装とも違い、新鮮な色合いのF28。

ヤンゴン近郊バゴーへの国道沿いにあるシュエピー・リゾート内に設けられたA320型機を使った飛行機レストラン「Airbus Cafe」について書いたことがありますが、こちらの方、お名前は「Cafe Flight」と称するようで、位置は市内南部の“ホテルエリア”の一角、Sky Palace Hotelの敷地の前庭というんでしょうか、Google mapで見ると、飛行機と、その両側に、飛行機を模した建物が2つ見えます。

Fimg_3978
空からは飛行機っぽく見える建物の正体はこちら。

昼過ぎに訪れてみたら、残念ながらこの時間帯は営業していない模様。メインのフォッカー28型機内も、その両側、そして尾翼側に立っている普通のビル内のレストランも含めて。

なのですが、L1搭乗扉は開いていたので、タラップを上がって覗いてみると・・・ 
おや、飛行機の椅子を極力活かしていたヤンゴンのシュエピーのそれとは異なり、ゆったりとしたラウンジソファーが並べられ、内装材も悉く張り替えられていました。
それでも、カーブした天井とこのフォッカー機独特の楕円窓からは機内の雰囲気は十分感じられます。

Fimg_3968
機内はこんな感じ。これはこれで悪くないですかね。

そんなわけで食事を楽しむことは出来なかったのですが、出張で行くネーピードーでの食事、「勝」に飽きたら、こんな店に行ってみては如何でしょう?
Tripadviserはこちら)

Img_3986
開業当初は異なったカラーリングだったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

帰りも寄り道して。

明けて日曜日、バクリー大学からお昼は、もう12年くらいのお付き合いとなるRさん一家と久しぶりの再会、そしてFXを経て夕食はPlaza Senayanでかなりリーズナブル(日本比)な鰻重の晩ご飯から、最終21時半発のBatik Air ID6878便ででパレンバンに移動。

50227011_2033508680071466_244434461
55分前に着いたのに、もう真ん中の席しか無い由で、非常口のところのE席になりました。パレンバン行きのバティックエア。

小雨降る月曜朝は早朝から、こちらも未乗だったパレンバンのLRTに初乗り。運転本数の少なさ、最終の早さに驚き。車庫のあるこの最南端のekiからの北行きなんか最終が16時台って、まだ夕方じゃないの。これで100万都市の都市交通としていいのかとは思いつつも、まあこれからの発展・活用に期待ですね。スラバヤにも早くこういう鉄道系交通機関が欲しいなあ。
そして、これでインドネシア鉄道完乗のタイトル奪還ですね。もうすぐジャカルタでMRTとLRTが開通したら、また来ないといけないわけですが。

50338210_2033508763404791_622601057
パレンバンのLRTに初乗り。INKA製の国産車両ですね。

49946843_2033508853404782_243778162
これは都市鉄道の運転本数としてはちょっとどうかと思います。終電速すぎるし。

49321441_2033509133404754_273398760
こういう地場銀行系のカード式乗車券を買わないといけません。一見さんお断り的に紙の乗車券はなくなり。そして車内の椅子、硬いプラスティックではなくて、ソフトなのは意外でした。

50014472_2033509313404736_125454551
去年のアジア大会に合わせて開通したんでしたよね。

PLMからはまたAir Asia、AK452便ででKLに出て一旦市内西方のスバンジャヤへ。夕方18時発のバンコク行き(ヤンゴン直行はこの日は午前中しかないため)は久しぶりのMH(当方が買ったのはPGのコードシェアですが)。折り返しのB737-800型機が復刻塗装で気をよくしたら、これが20分程の遅延。BKKでの乗り換え時間が1:20しかないので少し焦る(勿論BKKでのMCTはクリアして購入しているので、まあ乗り換えられるんだろうとは思いつつも)。

49896553_2033509480071386_600053328
MH運行、PGコードシェアのこの復刻塗装機が少々遅れて。でもいい感じに旧塗装が似合ってますね。

49348790_2033509520071382_341172052
夕食時ということもあって、ヤンゴン便よりもまともな機内食(KUL->BKK)。

案の定、スワンナプーム空港に到着し、蛇腹から出たところには、当方の名前を書いたGH会社のスタッフが待ち構えていました。そのまま連行され、スワンナプーム空港内を東西に1km以上歩かされて乗り継ぎのIDチェック、そして無事にPGのATR機に乗り継ぎ、ヤンゴンに戻って来られました。免税店で買い物を頼まれてたんですが、それは流石に無理でしたが。

さ、帰ってきましたヤンゴン。明日からはまたお仕事ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

山の麓までの復活区間に乗る。

 空港特急ミナンカバウ・エクスプレスで到着したパダンから、グラブタクシーで転戦したのはカユタナム。といっても、場所が思い浮かぶ方はおられないでしょうなあ。

Aimg_3518
街の中で、落橋->橋の架替工事の影響で大渋滞にはまり、オジェック(バイタク)に乗り換えてギリギリに辿り着いた、カユタナム駅。

 当方がこの沿線を廻ったのは2005年でしたから、もう14年も前のことになるんですなあ。

 パダンからラックレール(Rail Gigi)も使って山の上へと向かい(というか、鉱山で産出された石炭をパダンの港まで運び下ろしていたわけですが)、パダンパンジャンそしてシンカラク湖畔を経てソロックそしてサワルント、更には戦争末期には一瞬プカンバルまで繋がった事もある路線です。

49270376_2030590403696627_511456847
ソロのレールバスと同じタイプながら、ミナンカバウ様式の家屋のイラストを車体に描いた連接車。

 先般、といってももう2年ほど前からだそうですが、パダンとパリアマン方面を結ぶ路線との分岐駅Lubuk Alungから、Sicincinを経てKayu tanam迄のごく一部だけが再開し、ソロのウォノギリ線の車両に似た、連接車体INKA製の"レールバス"がPerintis(試験運行)の名目で1日2往復しています。こちら、上述の初めて訪れた時には既に列車の運行は停止されていたので、初乗り区間になります。ラックレール区間が運転再開されなかったのは残念ですが、初めて乗る区間が出来たのは嬉しいことではありますね。

49731912_2030590440363290_263348581
座席定員の半分ほどの乗りでしょうか。冷房の良く効いた快適な車内。

49503091_2030590517029949_289351895
座席指定なしの乗車券。こんな駅でも、硬券などはあるわけもなく。

 カユタナム市街地での橋の落橋架替工事の影響で渋滞に巻き込まれ、最後は渋滞の脇を走り抜けてきたオジェック(バイクタクシー)に乗り換えて発車の数分前に駅に駆け込む羽目になりましたが、無事に14:05発、ミナンカバウ様式の建物のイラストが描かれたレールバスに駆け込むことが出来ました。やれやれ。

Aimg_3544_3
唯一の途中駅Sicincinでも乗車客の賑わい。

49376382_2030590687029932_293723019

連接車両の連結部分はこんな感じ。

 ずっと下り勾配の路線を時速40km/hほどで快適に走り、終点ルブックアルンには14:45着。

 そしてこの列車、州都パダン市内への足として、ルブックアルンにてパダン~パリアマン間の列車と接続をとっていたのは立派でした(切符は乗換駅ルブックアルンで買い直す必要がありましたが。)。満席で乗れない・乗り継げないとなっても困りますが、「無座」券で売っていたのは正解でしょう。ここはジャワの本線系でも見習っていただきたい。

49728107_2030590587029942_520943181
シチンチンからは運転席後ろのドアを開放してくれたので、前面展望にて。

 乗り換えた15:05発のパダン行き「Sibinuang」号B5列車の車内はほぼ満席でしたが、各車両に添乗している案内職員?が、「そこ荷物どけて座らせてあげて」等と新たな乗客の着座を支援していました。

Aimg_3567
乗換駅ルブックアルンにて、「シビヌアン」号の切符を買いなおしです。

49844078_2030590837029917_459668609
キチンと接続を取る形で、パダン行きシビヌアン号が到着です。

49807042_2030590903696577_901423901

 そのパリアマンからのパダン行きを、空港線の分岐するドゥクで下車し、雨の駅前から再度グラブカーで空港へ。インドネシアでは、グラブは一般車とタクシーの双方が配車されるようになったみたいです。

49896403_2030590930363241_491352370
パダン行き・パリアマン行きの上下「シビヌアン」号の交換。

Aimg_3601
従来からの西スマトラ車(手前)と、ジャワからの転属車(奥)は、こんなに車幅が違うんですね。

 そして20分ほどの遅れのBatik Air ID7108便にてジャカルタのハリム空港へ飛びました。夕食の待ち合わせ場所Blok-Mに行くには、チェンカレンのスカルノ=ハッタ空港より、こちらの方が遙かに近くて便利です。

Aimg_3615
“フルサービス・エアライン” Batik Air ID7108便の機内食。

Aimg_3617
定刻20分ほどの遅れでハリム空港に到着しました。さ、ジャカルタだ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月12日 (土)

(ミャンマーからは)最後のインドネシアへ。

転勤の発令になったら普通は引越の準備に没頭するもんではありますが、この予定はずっと以前から入れていたので仕方がありません(?)。この週末は、ミャンマーからは最後となるインドネシアへ行くことにしていました。

49816879_2030589360363398_874565141
Air Asia機でパダン空港に到着しました。

金曜日の夜の行事終了後、自宅でシャワー浴びて着替えて、23:55発のMalindo Airの夜行便OD553でKLへ。未明の四時半前、といても時差が1時間半あるので実質は3時間弱の中距離便から眠い目をこすりながら降り、KLIA1のわかりにくい乗り場からKLIA2へターミナル間バス移動を経て07:20発のAir Asia AK403でインドネシアのパダンへ飛んできました。こちらの入国、査証免除での入国にあたっての条件となる、帰りのチケットを見せろなどとキチンと原則どおりの仕事をしておられました。

50485473_2030589393696728_259068232
ミナンカバウ国際空港(BIM)駅は空港ターミナルから徒歩数分。列車に接続してシャトルバスも運行されています。

49828818_2030589433696724_304360861
閑散とした駅舎内。職員氏は裏で気ままに休憩中。

49329800_2030589577030043_243211181
この地方に特徴的な建物の屋根を再現してますね。

パダンでは、ミナンカバウ・エクスプレスと命名された1日5往復しかないパダン空港鉄道に乗ります(空港新駅から既存線までが新線区間)。

49767951_2030589657030035_120827495
折り返しの列車が到着です。

現れたのは、ジャカルタのスカルノ=ハッタ空港鉄道とよく似たスタイルの、INKA製の4両編成の緑色のディーゼルカー。

49753050_2030590140363320_608384287

50184513_2030589787030022_372712436

当方がパダンに到着した直後に出発してしまうというタイミングで、次の発車は2時間待ち。そしてパダン側のターミナルは市街地の東外れのシンパン・ハルと呼ばれるエリアで、空港鉄道として一定の成功を収めているメダン駅が市内の中心部にあるのとは若干状況が違います。まあガラガラなのもやむを得ないな、と思いながら待っていましたが、それでも出発時刻が近づくと、空港からのシャトルバスに乗って数名の乗客が運ばれてきました。

49739341_2030590180363316_896422586
空港鉄道らしい「荷物置き場(左)」と、所謂「ハズレ席(右)」。

そして驚いたことに到着した列車からは40人ほどの降車客が。
パダン近郊の道路がそれほど混むとは思えませんが、定時性を重視して鉄道を選ぶ人もいるのでしょうかね。

49947603_2030589470363387_751612207
1日5往復では、ちょっと使いづらいんですよね。。。

49822884_2030590327029968_721148788
終点パダン駅に無事到着。駅の横には小さな機関庫が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

LCC乗り継ぎでチェンマイへ。

この年末年始は親族ロジ?対応と当番もあってヤンゴンにいましたが、無事に拘束も解け、昨4日朝のThai Lion SL201便からドンムアンで国内線のSL512便に乗り継いでチェンマイにやって来ました。

49486350_2019453621476972_135762047
ドンムアンで空港内乗継。両替できず、SIMカード買えず。

ヤンゴンからの直行便(UB, PG, FDが飛んでます)が良い時間になかったのと、二等辺三角形の長い2辺を遠回りするルートですが、こっちの方が料金は50ドルほど安くなります。

タイのLCC各社(FD, DD, SL)、出発地ではドンムアンからの接続便の搭乗券を予め発券し、ドンムアンでは乗り換え専用の入国カウンターとそれ用の入国審査ブースを設け、荷物も終点までスルーでいけるようにするなど、利便性向上に努めているのがよくわかりました。当初はただ2地点間輸送のみだったLCCも時代と共に変わってきてるんですね。

49668511_2019453731476961_802964762

49898310_2019453761476958_904982404
ドンムアン空港の乗継カウンター。各社並んでます。

でもこれだと荷物の通関どうするのかな。国内線到着での受取では密輸したい放題では?と思っていたら、CNX到着時に当方の名前を書いた紙を持ったお姉さんが待ち受け、国際線の到着ロビーに延々歩いて連行、そこで出てきた荷物を受け取り、税関を通るという、手間の掛かる方式をとっておられました。成る程、これだと一応形式的には税関検査はキチンと行えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

PNG出張終わり、帰ります。

10日あまりのパプアニューギニア出張を終え、Air Niugini PX392便でシンガポール経由でヤンゴンに戻ります。

46520412_1955340521221616_783369842
往路と同じPXのB767でシンガポールへ。

大規模会議終了直後ということで各方面行きのフライトとも完全に満席状態で、帰路便が取れず、1泊余計に滞在を余儀なくされた同僚もいるようでしたが、まあ貴重なポートモレスビーでの1日を過ごせたのではないでしょうか。
46449503_1955339767888358_535706165

町中にAPEC関連の看板や幟などが会議歓迎ムードを盛り上げていました。 

46486158_1955339781221690_781112741
これだけ見ると、普通の街並みなんですが。何となく西アフリカっぽい?

今回初訪問となったパプアニューギニアでしたが、首都ポートモレスビーは治安が悪いことで有名な街です。山賊が鉈持って襲ってくるとか。

日が暮れると、現地駐在の同僚もクルマを使っての外出すら控え、我々出張者も、残業後は事務所手配のマイクロバスの後ろから、警備会社の4WDが追走してホテルに帰るような厳戒ぶり。国のGDPの何割かを警備会社が産み出しているというような冗談もあるほど。ご家族連れで赴任してきておられる方など、さぞかしストレス高いことと察します。物価も相当に高いですし。

46498093_1955339631221705_481617158
海辺に中国の支援で新設された国際会議場、APEC HAUS。スペルが独特。

今回、APECという大国際会議を主催した昼間の街は、普段どおり市民がノンビリと行き交い、そんな危険な雰囲気もあまり感じられず、街並みもゴミ一つ落ちていないような清潔さ。不法占拠のバラックと住民を、国際会議を控えて政府が全部取り壊して街の外に遠ざけたため、という話しも伝わってきました。

46401506_1955339904555011_796439488
「WARA」は、水。

46436326_1955339974555004_190876384
「hia」は、ここ。

46439070_1955339851221683_645294942
「ワントーク」は、(部族語ではない)共通語としての英語(のような言語)。

それでも今回仕事で関わったPNGの方々、色々な決め毎が後手後手に周り、机上論で決めて綻びが出たような場面も多々ありましたが、皆さんニコニコしてフレンドリーで大変気持ちよく付き合うことが出来ました。

46472617_1955340341221634_685262994
これは、旧陸軍の三式戦「飛燕」でしょうか。博物館の前庭にて。

46445285_1955340441221624_130679899
「BAMAHUTA」は、さようなら!だそうです。空港入口にて。

帰りのPX便、ごく僅かの遅れで無事にシンガポールに到着し、ターミナルを移動し、UBの最終004便でヤンゴンに戻りました。
帰ってきたなぁ感、強いです。やっぱり2年を過ぎて、ここが地元・自宅になってきたのですかね(いや、インドネシアを捨てたわけでは全くありませんよw)。

46436338_1955818617840473_532381406
うーん。どっちに乗ろうか、迷うなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

(初)パプアニューギニアへ。

今日から少し長めのパプアニューギニア出張。
昨日8日朝にヤンゴンを出て、SQ997便でシンガポール、長時間の乗継を経て、こちらも当然初乗りのAir Niugini、PX393便でポートモレスビーへ。

46497920_1955339357888399_761701854
シンガポールからポートモレスビーへ、初搭乗のPXで。

機内食が意外と旨いとのネット情報のPX、エコノミーではそれほど美味しい!というわけではありませんが、パサパサのSQ(RGN-SIN)よりはずっとマシでしたね。

46523726_1955339427888392_462878514
PX393便の機内食。まあまあかな。SQのよりは美味しかったです。

機材は古いB767でしたが、シートTVでは日本の映画も有り(なぜか『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』だったのですが)、まあ快適に過ごせました。

46432646_1955339344555067_287282097
パプア史上最大の国際会議、APEC2018外相会合・首脳会合を控え、国中歓迎モードです。

この地域では特に治安が悪いというポートモレスビー、さあ、10日余り、少しでも楽しめるとよいのですが。

46505757_1955339421221726_764830035
一夜明け、早朝5時のポートモレスビー空港着。Air Niuginiの塗装、新しい政府専用機に似てませんかね。

46401456_1955339527888382_797646958
飛行機を降りてから入国審査へ向かって歩く通路にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

ミンゲ工場訪問。

昨晩ヂョーから夜行バスでヤンゴンに戻らずに、マンダレーにやって来たのは、この街でちょっと寄り道をするため。
長らく行きたいと思っていた、市内南方のミンゲにある、鉄道車両工場を訪問する許可が取れたので、またとない機会でもあり、少々無理をしてでもお邪魔してみた次第。

Mimg_1175
正面入口の建物。ここから入るわけではないのですが。

勿論ネット上には、過去に訪れた方の訪問記がいくつもありますし、どんな日本からの中古車両があるかなどについては、詳しい方のネット記事や雑誌記事をご覧いただくとして、今回はごく短時間の訪問だったこともあり、当方としては個人的に面白いと感じたものを幾つか。

Mimg_1177
よく整備された工場内。日本人の技術指導も入っているそうです。

Mimg_1187
この整備工場では、年間約40両ほどのペースで客車を新造しています。
また、それとは別途、隣の新工場では(黄緑塗装の)中国客車をCKDにて年間10両ほど製造しているそうです。

Mimg_1186
この整備中のキッチンつきの寝台特別車両BTEは、貸切増結運行ができるそうです。

Mp1360391
建物の外には、懐かしい北斗星のブルートレイン車両が。オロハネ25でしたっけ。

Mimg_1194
おっと、君は、ブルトレじゃないよね?

Mimg_1210
北海道時代と国鉄色のキハ183が並びます。こちらはMRには未登録のまま。

Mp1360408
車高を下げるために高運転台を取り払ってはみたものの…

Mimg_1220
トラバーサーの向こうにトリコロール・カラーのキハ58が見えますね。

Mp1360407
でも個人的には、やっぱりこっちも捨てがたい。捨てないけど。

そして午後のUB003便、ヤンゴン経由のシンガポール行きでヤンゴンに戻ります。
国際線扱いの旅客と、国内線ヤンゴンまでの旅客が混在している機内。何か間違いが起こったりしないのか、少々心配になります。

M44658219_n

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

二年ぶりのカレイミョへ飛んできました。

10月21日(日)朝、今日はゆっくり起きて、お昼前のUB603便、ATR機でカレィミョへ飛びます。

P44450403__n
いつものATR機でカレイミョ空港に着きました。

ピィからこの地域へ向けて陸路北上していくと、どうしても時間がかかり過ぎるし、体力温存ということで、ヤンゴンから飛んでいくことにした次第。その方が結果早くて楽、ということになってしまうわけで、長距離交通はヤンゴンに集中し過ぎです、この国。

Pimg_1037
ガンゴーからカレイミョに到着間近の139UP列車。

Pimg_1039_2
ちょっと踊った感じの文字のサボが楽しいですね。

この国に赴任してきてすぐの頃、チン州のプロジェクト・サイトを訪問するために出張で来訪して以来ほぼ2年ぶりのカレイミョ。

今日はカレィミョ空港から、名前だけは軍記物読んで知っていたヒトマーへ(発音はhットマー、くらいに聞こえます)バイクタクシーで向かうことにします。

P44421690__n

Pp1360068_
かつてここに日本軍の飛行場があった、のだそうです。今はバンカーなども全て取り壊されて、田んぼになってしまっています。

先の大戦中、インパールを目指して進出してきた日本軍の飛行場があった所。行き掛けの駄賃に、ほぼ定刻にやって来た、ガンゴーからのカレィミョ行きをすれ違いざまに踏切端で1枚。

Pp1360088_
カレイミョ市内に戻ってきて、駅近くのバスターミナル。大分空港と書かれたバスはマンダレー~カレイミョと書かれています。

ヒトマ―の村を通り過ぎ、お歳を召した住民の方に教えを請いつつ未舗装の細い道を進み、靴を脱いで川を渡ったりしながら辿り着いた飛行場跡地は完全に田圃になり何も残っていませんでした。そこからは木陰の休憩所で休んでいた地元の農民の方が案内してくれたのですが、「あっちとあっちに全部で5カ所の飛行機格納用の壕があったけど、全部イギリス軍の空爆で壊されて、今は何にも残ってない」との事。

Pimg_1060
カレイミョ駅舎。中にレストランがあるような看板はありますが、営業してなさそう。

確かに飛行場があったくらいの長さの平原に、今は田んぼが広がっていますが、ここに軍用飛行機がひしめく、そんな時代もあったのでしょうね。

P44516092_n
前回乗車したLRBE61号車は、未だ綺麗な状態。

そして街に戻り、夕暮れ間近のカレィミョ駅を訪問。

現役を退いたLRBE36と61、機関庫の方に声をかけてみると、まだちゃんと動くというんですから驚きです。今の列車の運行は標準型のディーゼル機関車が牽引する客車編成ですが、非常時の救援列車などで使われ(得)る、というのですから。定期列車でもチャーターでも、動かしてくれれば、日本人がこれ目当てに来ますよ。

P36kalay1_5
LRBE36号車も、稼働可能に見えますね。

そして、駅の奥の方に留置…というのですかね。2台のD1Bは半解体状態となってしまい、もう復活が望める状態ではありませんでしたが(涙)。

P44478096_n
こちらのD1B-303号車は、残念ながら解体途中の趣。

Pimg_1057
タルボットの銘板が台車に残っていました。

P44471472_n
日野のトラックエンジンはこのように積まれていたのですね。

Pimg_1052
こちらのD1B-301号車も、既に命運尽きた状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

お仕事終わり。やれやれ。

半月余りの東京勤務も終了、今日のANA便でヤンゴンに戻って来ました。
お仕事の中身はここには書けませんし、滞在中、週末も含めてお仕事だったし、台風の来襲などもあり、自由な時間は殆ど取れませんでしたが、それでもお台場の「Global Festa」や日比谷公園の鉄道フェスティバルも短時間ですが覗いてくる事もでき、ちょっと一休みする時間が取れたのは幸いでした。

Nimg_6128_
成田のラウンジで、朝カレー。

いつものように、タクシー->新宿->N'EXで成田に向かい、最後のお買い物。
そして今日のANA便はガラガラ。ちょっと変わった「唐揚げと野菜弁当」なるものを選んでみたお食事は、機内食なので衣の揚げたて感はないものの、程よく汁に浸されて却って個人的には好みだったかも。

Nimg_6133
カレー食べた後なのに、このフルトレイの機内食を完食できたのだから、そこそこ美味しかったということなのでしょう。

Nimg_6134
トイレに置かれていた乗務員さん手書きのメッセージカード。これが日本のおもてなしだとか大上段に構えるつもりはありませんが、ちょっとした心遣いが嬉しいですね。

Nimg_6136
さ、ヤンゴンに戻って来ました。流石に疲れました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧