2018年1月29日 (月)

セイピューからの帰り道。

ともあれ、いずれにしてもここから南方面へは列車は走っていませんので、駅前に数台並ぶ3輪乗合車に乗って、エーヤワディー側をアノーヤター橋という名前の長大橋で渡って対岸のチャウックへ。
Spimg_09571
駅前からは、お馴染みの三輪乗合車で川向こうのチャウックへ(Ks.1,000)。

ヤンゴン~ピィ~バガン本線からこの街まで伸びてきている支線に乗った際に1泊した街なので、やっと勝手知ったる?ところに戻ってきました。
Spp1310703
エーヤワディー川を渡る橋はここにも立派なのが。

ここから空港のあるバガンに戻ればいいのですが、三輪乗合車が「バガン行き」と言って下ろされた目の前には、ハイラックス・トラックの荷台に乗る奴。これはヤダなぁ。ちゃんとしたの、ないの? トラックの前の白人バックパッカー夫妻も、これに乗るのかぁ、と何となく考えあぐねているよう。

Spp1310706
チャウック市街地。トラックの荷台は、嫌だなあ。遅いし。

暫し思案の後、こちらは、交通量の多い市場の前まで少し歩いて戻ってみたところ、フロントウィンドウに「パコック」と書かれたハイエース(の中国製パクり車)が現れたので、手を振って止めて、補助席?ながら空席があったので、こちらに乗せて貰うことにします。ここからパコックなら、バガンか、最悪ニャウンウーは通る筈。パコックまでの運賃払ってもいいよ。こっちの方が遙かに速いし、トラックの荷台よりは遙かに、楽。(結局バガンまでの運賃はKs.2,000でした。)
Spimg_0958
写真撮る間もなく走り去って行きましたが、このチャイエースで高速移動。

そんなわけで、念のために相当余裕をもって最終のフライトをとっていたのまで随分時間の余裕が出てしまいました。なので、バガンでは漆器工房に行ってみたり、電動バイクで一回りする余裕も。4時間で5千チャットって、ガソリン代もかからないし、交通量も少ないこの地域では自由が効いて、いいですね。昔はレンタサイクルで汗をかきかき回ったりしましたが、今日は楽々でした。
18:20発のGolden Myammar航空Y5-201便でヤンゴン戻り。

Spimg_1020
最近この会社多いな。Golden Myanmar.航空。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

チャンウーからの汽車旅(着くまで)。

月一の外出デー(笑)。
今日は朝07:00発のGolden Myanmar Airでマンダレーへ。他社の一番早い時間帯の便は、バガンやへーホー経由となり、マンダレーに到着する一番早い便がこれでした。横浜市営バスで空港の滑走路の反対側まで延々運ばれましたが、定刻に出たし、結果一番安かったんで問題なし。
26903656_1581680821920923_387058994
もう7時とはいえ、夜明けな雰囲気ですね。Golden Myanmar航空。

26991705_1581680865254252_215591998
一目瞭然の横浜市営バスでのボーディング。

08:25のほぼ定刻にマンダレー空港に到着し、市内行きの順南山のバス便は出そうもない雰囲気だったので、市内まで15,000チャットの定額タクシーで市内へ… ではなく、空港高速の途中から下道におりて少し西のアマラプーラ方面へ。
この街からエーヤワディー川を渡ってサガインへ向かう橋があるので、そこを通るバス便を捕まえられれば大分ショートカットできるな、と思ったのですが、運ちゃんはそのままクルマを北に走らせ、(ここにもある)カンドージー湖の南西端の三つ角。ここがサガインを経てモンユワ方面へのミニバス便のターミナルとなっているようですね。

Bsimg_0859
このミニバスに12人ほど詰め込んで突っ走ります…が休憩もします。

直ぐに目の前に停まったHyundaiのミニバスの奥の座席・・・3人掛けに4人が座るような乗り具合でしたが、程なく出発したミニバスは橋を渡ってサガイン地域に入り、良く整備された舗装国道を快走、列車だと4時間ほど走る目的地チャンウーまで2時間半ほどで到着してしまいました(Ks.3,000)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

ミャンマー国際航空で帰ります。

そんなわけでバンコクでの短い気分転換もおしまい、バックデートになりますが、スワンナプーム空港から2日夜19:20発のMAIミャンマー国際航空8M-332便でヤンゴンに戻ります。スクムヴィットの宿からはタクシーでB250程度。荷物があったし、市内の渋滞を空港鉄道の駅まで行って乗り換える手間を考えると、まあ許容範囲内ですね。

26112438_1564451373643868_336627370
MAIのA319型機。先日はKBZコードシェア便の国内線で乗りましたが、MAI(8M)便としてちゃんと乗るのは初めてですね。

今日は生活物資の買い出しも兼ねていたので、大きめのスーツケースはパンパン。一応レガシィ・キャリアの筈なので多少は見逃してくれるだろうと、持ち上げてみて「こんなもんかな」だった預け荷物は、チェックインしてみたら19.8kgと内輪でニアピン。我ながらいい感じ(笑)

26112233_1564451376977201_405061028
目方でドン!(笑)

MAIは勿論どこの国際航空アライアンスにも属していないわけですが、個別に手を結んでいるらしく、インドネシアのGarudaと、スリランカ航空、グループ企業の国内線会社Air KBZとのコードシェア。ガルーダとスリランカ航空って、アライアンス、別だよね。

そして、一応レガシィ・キャリアなので食事に少し期待したのですが、チキン・ビーフンは量味共にイマニ。シンガポール便のUBにだいぶ劣りました。残念。これならLCCで十分。荷物だって、Thai Lionなら20kgまで無料だし。

26166917_1564451386977200_118198187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

短い冬休みへ。

早いものでブログもきちんと更新できていない状況にありますが、年末を迎えてしまいました。
12月30日、年明けにちょっと大きな、というか準備を要する仕事が有り、年末年始は出掛けてる場合じゃない・・・、雰囲気ではありましたが、さはされど近づいてみたら、30日~2日までは東京の本社もミャンマー側もお休みに近く、仕事も進みそうもない、という事が判明。
Img_0574
こんな写真しか撮れず。

一昨日にネットでチケットを購入し、今日30日のThai Lion Air、SL201便でバンコク・ドンムアンに飛んできました。この会社、どうもクレジットカードでのネット精算が上手くいかないんですよね。前回も今回も、手持ちのカード3枚全部はねられて、仕方ないのでインドネシアのLion Airのサイトから行ったら決裁できたというオチ。何が問題なのでしょうかね。

Slimg_0578
後ろの席はお坊さんでした。

続きを読む "短い冬休みへ。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

初乗り機材で。

無事に今回もお仕事終了、
なのだから、帰りくらいは出来ればもう少しゆっくりしたいところですが、ヤンゴン7時発の朝一のフライトの折り返しとなる、8時20分発のヤンゴン行きUB102便でのヤンゴン戻り。ヤンゴンは首都ではないので、“帰京”とは言わないのでしょうね。

23754956_1524399287649077_9122589_2

今日のこのフライトはEMB190型ジェット機による運航。
三菱MRJのライバルとなる機材ですよね。UBは新旧2種類の塗装のこの機材を持っていますが、今日は新塗装の方でちょっと残念。
とはいえ、仕事の途次とはいえ、初乗りの機材ということで、少々気分が弾みますね。
Nimg_9981

前方席には、同じ2-2配置ながら、座席間隔の広いビジネスクラスが設けられています。
当方の座席は運良く非常口前の足元の広い席。
横に座った大柄なアメリカ大使館員の、「議員のお世話ばっかりだよー」という半分愚痴のようなネタ話を聞きつつ、ホテルに続いて2回目の朝食をいただいてしまえば、ウツラウツラする暇も無くもうヤンゴンへの着陸態勢へ。フライト時間35分ですからね。あっという間です。

23754929_1524399334315739_728228708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日)

久々の出張。

今日から3泊4日のネピドー出張。
朝5時起きで事務所のクルマで空港へ向かい、7時のUB101便は今日はATR72型機での運行。ネピドーで明日から大規模国際会議があるので機内は満席ですが、増便するなり大型機を使うなり(明日の同便はB737運行の由)すればいいのにね。
23722234_1524399314315741_128841008

機内食は、まあいつものこんな感じで、コーヒー貰って食べて、さっさと一眠りします。今晩からどうせまた眠れなくなるのは目に見えてるし。

23659401_1524399320982407_977834868

さ、では頑張って仕事してきましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

国際航空でマンダレーへ。

今日は家族サービス(笑)な普通の観光旅行の週末。
ヤンゴンからマンダレーへは、朝9時発のAir KBZで予約したのだけれど、KBZのカウンターでチェックインしてみようとしたら、当該便はどうやら系列のMAI(Myanmar Airways International)とのコードシェア便の模様。チェックインカウンターのモニターにはK7と8Mの便名が交互に表示されていましたが、搭乗券には既に8M-337の便名のみが記載され、KBZ(K7)の文字はどこにもありません。
8mygnapimg_9003
搭乗バスは、1台目はMAI所属・元横浜市営のノンステ車。後ろの2台目は、元北陸鉄道のKBZ所属車。

時間になって搭乗してみると、乗せられたのは、MAIのA319型機。ジェットでもEMB145とかCRJ200とか、バス搭乗の小型機ばかりの当国の国内線で、3-3配置の機体はこのMAIのA319と、UBのB737-800しかないのです。通路1本のナローボディ機とはいえ、この国では国際線の大型機に乗っているかのような錯覚を覚えますね(笑)。
8mimg_9011
朝の北行きは、左側席が暑くなく眩しくなくて良いですよ。

このMAIという国際線航空会社、国営系Myanmar National Airways(UB)、元のミャンマー航空Myanma Airwaysとは別の、地元で銀行などを持つ財閥を形成するKBZ航空が80%出資する民間航空会社です。
8mbordingpass1a
が、恐らくは免許の関係で、国内線を飛ばせないことになっているのでしょうかね。国内線の販売KBZ名義、国際線からの乗り継ぎ客には8M便名で販売し、実際の機材の運用は、KBZ(K7)、8M双方の機体をやりくりして行っているのかと想像します。
うーん、でもそうならば、このフライト、K7の本来便名+8Mのコードシェア便名でなければいけないのに、8Mは3桁、K7は4桁の便名だから、逆だなぁ。
詳しい方、教えてください。
8mimg_9010
朝ご飯。水も紙ナプキンもMAIのロゴマーク入りですね。

8mimg_9012
マンダレー空港に到着。ボーディングブリッジがつけられました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

豪華に(笑)、帰任します。

休暇もあっという間に終了、ミャンマーに戻る日です。
インドネシア時代は、成田を午前発のフライトが多かったので、朝6時とか結構早い時間に中野の実家を出ていたのですが、ヤンゴン行きのANAの直行便は成田発13:50と結構余裕があります。これなら、新宿10:40のN’exでいいからね。
他方、毎回のことですが、家から新宿までのタクシーが事前予約できないのは困ります。帰国して直ぐ、半月先の予約を頼んでも「満車」。数日前に「満車」、前日に「満車」。そして当日30分前に頼むと、ようやく配車してくれる会社が現れたという状況。
サービス業なのだから、予約が入れば運転手のシフト調整して配車するのが商売なんじゃないかと思ったりしますが、人手不足の世の中、そんな短距離の客のためにいちいちそんなことしてられないんでしょうね。
22154640_1481058168649856_857080936
レクサスLSのハイブリッド車。大型スーツケース2つ、ちゃんと入りますね。

ともあれ、今日はもう日の高い時間だから、最後は表通りに出て流しを拾おうかと思ってましたが、無事に配車されてヤレヤレ・・・ と思ったら、やって来たのはLexusのLS600hとかいう、なんか凄いクルマ。普段はクラウン・コンフォートや希にアルファードなこの会社、別料金を払って車種指定しなくても、偶々近くに空き車があるとこんなのが来たりするので侮れません。料金は一緒です。
22141153_1481058068649866_279717638
雲の綺麗な成田空港から、往路と同じ、新しいB767でヤンゴンへ。

そのまま新宿駅からN'exで成田空港に着いて、最後の買い出し。ANAさんはYでも23kgを2つ(上級会員は32kgを2つ)まで預けられるのは、在外勤務者としてはありがたい限りです。今回もギリギリいっぱいまで詰め込ませて戴きましたが、いざ乗り込んでみたら今日のNH813便、後方部はガラガラ。ミャンマーがちょうど連休中ということもあって、ビジネスで出掛ける方が少ない日だったのでしょうね。
Img_8722
帰りの機内食は、ちらし寿司を選択。まあまあ、でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

LCC脱皮!のGolden Myanmar Airlines

今回のマンダレーからのフライトは、14:05発のGolden Myanmar航空Y5-506便。随分早い時間ですが、夜に仕事が入ってしまったので致し方ありません。
Mimg_8316
新しいATR72-600での運行です。Golden Myanmar航空。

このGolden Myanmar航空、所謂LCCとしてA320型機を使って近隣国への国際線を飛ばしていた事もあったようですが、空港で他社機材との衝突事故を起こしたりもしつつ、現在はATR72型機で国内線を運行しているのみとなっています。
Mimg_8315
簡単なものでも機内食が出ると気分がいいですね。

なのですが、今は“LCC”ではなくなったようで、離陸後の機内では軽食が供されました。勿論大層なものではありませんが、期待してなかっただけに嬉しいですね。
Mimg_8318
そして横浜市営のノンステ車ですね。ヤンゴン空港の出迎えランプバス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

マンダレー空港へ。

マンダレーからの帰り道は、クルマでおよそ1時間と随分街外れに造られた新空港から。駅に屯していたタクシーに聞いてみると、25,000チャット(約18.5ドル)と結構なお値段を仰るので、念のためお泊り先の“駅上”ホテルに聞いてみると、16,000チャットでクルマを出すというので勿論こちらにお願い。

Mimg_8302
ShweNanSanは漢字表記で順南山と書くのですね。Shweは「金」の意味ですが。

冷房のよく効いたハイエースで無事に空港に運ばれてみましたら、
なんとマンダレー空港には、市内行きのリムジンバスの運行があるのですね。知りませんでした。使用車両はHyundai CountyというToyota Coasterクラスのマイクロバス、各便接続の出発で市内まで4,000チャット(一部の看板には外国人は4ドルだとか、5,000チャットだとか書かれていたりしますが。)。市内中心部のホテルだったらそのまま連れて行ってくれるそうで、逆に空港に向かう時はどうすれば良いかと問えば、電話してくれればホテルに迎えに来てくれる由。
まあ、それは言葉の通じない外国人には若干ハードルが高いですが、時間に余裕がある時は、ホテルの人に頼んで呼んで貰うのも良いですね。
Mimg_8308
空港のカウンターはこちら。1時間おきではなく、到着便接続ですが、夜9時まではあるということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧