2017年7月18日 (火)

乗り継ぎ時間に寄り道。

今回の帰路、往路とは別に100ドルほどとリーズナブルなチケットを探した結果、バンコク・ドンムアン空港での乗り換え待ち時間は5時間ほど。折角なので一旦入国して、未乗だったMRTの新線パープルラインに乗りに行ってみました。
19961125_1409671912455149_4012244_2
初乗り路線・新しい電車に乗るのは、いつでも上がりますが、それが日本製となればなおのこと。

空港からタクシーで向かったパープルライン南端のタオ・プーン駅。確か開通は去年の8月だったと思いますが、およそ1年が経ったのに、まだ売れ残っていた(幸運をそんな風に言っちゃいけませんね)記念切符的な「MRT Plus」なるカード乗車券を購入し、地下鉄ブルーラインとの接続工事が進む駅構内を乗車ホームに上がってみると、程なく入線してきたのはガラガラの真新しい電車。

20108258_1409671915788482_878103247
ドアの上のモニターには路線図と現在位置案内が。

20106440_1409671945788479_913332561
開業記念乗車券がまだ手に入りました。

J-Trec製のSustena海外初輸出、でしたっけ。頑張ってますね。思わず模型化したくなっちゃいますね(笑) そこかしこに日本の香りがします。でも、(色々経緯は仄聞していますが)外吊り式の乗降ドアは戴けませんなあ。
20106321_1409671929121814_591149128
車内の、銘板・・・ではなくステッカーですが。J-TRECさん、頑張っておられますね。

20108563_1409671999121807_836218424
駅での電車の撮影、ホントは制限かかっているようです。スナップ程度であれば見逃してくれますが。

以前建設工事中にロットゥーで側をかすめた、終点のクローン・バンパイまで乗り通し、折り返しは道の感じで空港に最も行き易いと思われたノンタブリー・シビック・センター駅で下車。
余裕をもってドンムアン空港にもどり、およそ1時間遅れのThai Lion Air SL206便でヤンゴンに戻りました。

Img_7169
ドンムアン空港の搭乗ゲートには、13番がないとは知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

また来るぞ、と。

今回のジャカルタ滞在は実質丸2日間。

その間に頭を悩ますことからはっちゃける事まで色々慌ただしくこなし、夜は夜でインドネシア時代からの古い友人・新しい友人など交えて楽しく過ごし、更にはジャカルタの電車、JABODETABEK COMMUTERが最近絶賛販売拡大中の電車グッズなど大量に仕入れたり、とあっという間に終わってしまいました。
20108465_1411566158932391_356553656
中央線ジュアンダ駅の高架下に出来たこちらのお店。

Cimg_7048
こんな素敵なものが品揃え色々。

帰路は月曜午前中のThai Lion Air  SL119便、バンコク・ドンムアン行き。ヤンゴンとジャカルタの間には残念ながら現在のところ直行便はありません。新聞情報では、ミャンマー側MAIと、インドネシア側のGAが協力して直行便を就航させようという動きがあるようで、在ヤンゴンのインドネシア大使があちこちでそのメリットを力説して回っている新聞記事を複数回見たりしてますが、現在までのところ具体化はしていない模様。まあ、実際週に何便か飛んだところで、時間帯が上手く合うか判りませんし、料金も乗り継ぎのLCCの方が安かったりするかもしれません。

Mimg_7059
マンガライ駅の空港特急駅?でしょうか。徐々に立ち上がりつつありますね。

Mimg_7060
アメリカ・シカゴ辺りで走ってそうな電車が走る予定?(笑)

ともあれ、今回のジャカルタ滞在2日間、やっぱり言葉の通じる慣れた国・街は気分が大分楽だったし、“気分転換”という言葉を実感できました。近いうちにまた来るぞ、と。
Cimg_7049
駅の路線案内図には、ランカスビトゥンまでのKRL運行が記載。乗りに行かなければ、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

9ヶ月ぶりのジャカルタ!

KLからは朝の第一便、AK380でジャカルタに。08:05着予定が少し遅れて着陸、しかも沖止めでバス移動だったのですが、この時間帯の入管はガラガラで、08:40には空港を出発出来ました。
Img_7040
今朝のプレブック・ミールは昨晩と同じポケットパイ。萎えるなぁ...

今日は機内持ち込みサイズ1個のみなのでバスで行ってもいいのですが、今回の空港からの足にはウーバーを使ってみました。世界的に大流行のこの手のアプリですが、当地におけるこれは基本的にこれは白タク斡旋アプリです。営業許可を得ていない一般ナンバーの車が現れました。運転手の兄ちゃん「ミャンマーからの方ですか?」って声をかけてきたのですが、確かにミャンマーでDLしたウーバー・アプリからの予約です。そういう情報が運転手側に流れるのね。
19989383_1407247522697588_408015989
スカルノ=ハッタ空港の各ターミナル前には、循環シャトル用の駅が立ち上がりつつありました。

確かに一般タクシーを使うよりも若干安く、流行るのは判るのですが、これがあまり流行って正規のタクシーが乗客減といった影響を受けて、またボッタクリ雲助タクシー(死語?)が出てきたりするとこれもまた問題。色々問題の多かったのが、近年になって折角ようやくまともになって来たインドネシアのタクシー業界がまた元に戻ってしまっても困るのですが(ので一定の参入規制が必要、ってのが役所的発想ですが)、一度位は試してみないとお話にならないので、ということで。
Img_7046
市内へ向かういつもの道。あまりいい天気ではありませんが、ホッとします。

因みにミャンマーのウーバーでは、赤ナンバー(営業車)で、車体にもタクシーの登録番号が書かれたクルマが現れます。こちらの方が気分的にすっきりと乗車することが出来ます。感想には個人差があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

KLIAでサマサマ。

実は14日(金)なのですが、投稿間隔の都合上、こんな具合で。
今週末は出張じゃないお出掛け。仕事を1時間だけ時間休とって空港へ向かい、19:30発のAirAsia AK503便でKLIAに。マレーシアとの間には1時間半の時差があるので、到着は23:45。
19989758_1406645059424501_451372230
優先搭乗→キャビン後方からの搭乗の流れ。

乗り継ぎ便は翌朝ですが、今回は空港制限区域内のサマサマ・エクスプレスなるトランジットホテルを使ってみました。こちら、ネットで予約する場合、似たようなホテルがKLIAの1と2、そして近隣にもあるので要注意です。
19990551_1406656336090040_331287026
折り返し便は定刻より少し遅れての到着でしたが、降機客が終わるや否や直ちの搭乗開始。素早い!

トランジットホテル、前回のドバイみたいに空港からシャトルバスに乗らなきゃならないようなのは論外、バンコクのスワンナブームみたいに高くて気軽に利用できないのもちょっと・・・ というわけで、ここKLIAはLCC客向け?なのか、そういった類いのホテルの立地を考えると、約6千円と比較的リーズナブルなお値段で泊まらせてくれます。
19989548_1406837296071944_142436348
今回のプレブック・ミール機内食はこのポケットパイ。ボソボソ感強くて、今一つ。

部屋は2畳くらいの狭さにベッドがあるだけ、スーツケースも開けないような広さではありますが、一時期のAir AsiaのTune Hotelのようにエアコンが優良だったりすることもなく、Wifiも無料。
19990051_1406663006089373_362992371
金曜の夜の脱出便?ということもあって、中々の乗り具合ですね。

既に出国済エリアなので、結構ギリギリまで寝てられるのはいいのですが、もう一つ言ってしまうと、前の晩の時点では翌朝の便の乗り場が出発案内に表示されていないのは難。KLIA2もブリッジ渡ったりするところだと結構移動に時間がかかる広い空港なので、部屋のTVで発着案内出してくれるとありがたいんですが(気づかなかっただけで、そんなチャンネルもあるのかな)。
19961399_1406838172738523_605214609
これで1泊6千円ですから、コスパは高くないですが、利便性を考えると、まあありかなと思いました。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

北欧は、遠かったです。

実際の日付はまだ11日になったところなドバイの朝。曇ってますが、既に暑い💦 ここで暮らすのは大変そうです。
19990118_1403128146442859_814352811
朝のトランジットホテル前。ミレニアム・ホテルって、ジャカルタにもありましたね。

とはいえ、昼間に比べればまだ多少は涼しい(だろう)のでホテルの周りをブラブラしてみると、タクシーの運転手が「30ドルで1時間市内観光して空港に連れてってあげる」とのご提案。うん、これはありかしれないね。クルマのトランクに入れる荷物がある場合は要注意ですが。
19875589_1403127833109557_124118287
交通標識も異国情緒が漂いますが、流石にしっかりとした造りで。

ホテルの部屋から見えるところを日本製のメトロが走っていくのも見ましたが、今回は乗車は叶わず。
20031535_1403128053109535_478609195
空港に乗り入れて来ている日本製メトロへの乗車は今回はかなわず。

さ、そしてホテルのハイエースで空港に送られ、09:15発のEK388便でヤンゴン帰ります。 
こちらは昨日の便よりは多少は空いていますね。
とはいえ、やっぱり遠いですね、東南アジアから北欧は。

機内食は・・・ なんかメインの選択肢にCod Yakisobaがあるなど、ソバが多かった気がしますが、どんなもんでしょう。UAEでは流行ってるんでしょうか。
こういうの、舌は日本のソバつゆの味付けを期待しているので、口に運んだ瞬間、うっ!となることが多いのですが、今日も案の定でしたね。ソバサラダのドレッシング。
19894995_1404365509652456_816739787

EK388便、DXB-RGN間の機内食。左上のがそのソバサラダ。サラダ前菜・メイン焼きそば、はやめときましょう。メニューにはそんな選択肢もあるようですが。

 

19554651_1404364446319229_5506028_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

ドバイ・コネクト初体験。

そして昼過ぎに事務所のバンで空港に送って貰い、再度のエミレーツ航空15:05発のEK158便でドバイへ。
一緒に出張してきてドバイまで同じ便の同僚の中にはインボラUGを賜った者もいるほどの混雑で、4人掛けの(B777のくせに3-4-3のハイデンシティ仕様ってどうよ。国内線じゃあるまいし。)真ん中までぎっしり。
19756746_1402424493179891_124982120
ストックホルム空港の手前にあるB747の機体を活用したホテル。空港班の宿舎はここで良かったのではないか(笑)

19756882_1402420146513659_912349991
こんな位置からしか撮影できないのね…

19989564_1403100903112250_211255501
ドバイ空港からいろんな国の方々と乗合でトランジット・ホテルへ。

そしてドバイで一旦入国し、ドバイ・コネクトなる長時間乗り継ぎ客(8時間以上の由)向けのサービスで、空港からマイクロバスで5分ほどのところにあるホテルに運ばれ、無料でのご宿泊。
幸い0時半まではブッフェ・スタイルの夕食がこれまた無料だというので、深夜に食べてしまいます。外国人向けのアラブ料理、なのでしょうか。香辛料や味付けがきつかったりもせず、美味しく戴いてお休みさせて戴きます。今時のホテルで無料Wifiが部屋にもロビーにもないというのはちょっと・・・ですが、無料で泊めて貰ってるわけなんで、あまり強く言えたもんじゃないですが。
20031954_1403100946445579_246304816
トランジットホテルに到着。明日朝は6時半のバスに乗れとのこと。Wifiもないし、寝ましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

初北欧!(出張だけど)

今日は夜中の0時に事務所のクルマが迎えに来て空港へ。
乗るのは深夜02:10発のEK389便ドバイ行きのB777機。エミレーツ乗るのなんかアフリカ在勤時代以来だからもう15年以上ぶりになりますか。相変わらずオイルマネーにあかせて最新型機ばかり導入しているだけあって(?)機体はピカピカで綺麗ですね。

19601518_1396526903769650_644706359
さ、乗りますよー。

以前は500チャンネルはあろうかという豊富な機内エンターテイメントに驚かされましたが、今回は、当時よりも減りましたかね?映画も、運悪く「既にみた」とか、「見たいのに日本語吹き替えも日本語字幕もない」というものが多く、深夜便ということもあってあっという間に寝てしまいました。
19731874_1396815487074125_517851253
流石にこの時間発では、機内食は朝食のみ。でしょうね。
アンコール・ミルクとか書いてあるので、プノンペン積み込みらしいです。

早朝05:40着のドバイ空港では滑走路の反対側に到着したのか、バスに乗ってターミナルまで延々と走り、2時間半ほどの待ち合わせを経て乗り換えたのは08:15発のEK157便、ストックホルム行き。
19702277_1396816203740720_344935115
まだ暗い早朝のドバイ着。ランプバスはゆったりとしたソファーのようなビジネス、基本立って乗るエコノミーという、格差社会。

いやあ、まさか自分の人生にこんな地名が入ってくるとは思わなかった。出張とは言え、初めての北欧に足を踏み入れることになりました。仕事上も趣味的にも関心を持ったことがなかった地域のため、自宅の書架を見渡してみてもスウェーデンに関するガイドブックも蘊蓄本の一冊もありません。慌ててネットで少々の情報収集をしてみますが、物価ホントに高いらしいですね。
19601038_1396528427102831_192744686
うーん、「相棒」も「世界の片隅」もこないだ見ちゃったしなあ…

時差を越えて12:45に少々遅れて到着した小ぶりなストックホルム空港、直前に別の国際線が到着したらしく長蛇の列が出来ている入国審査カウンターは僅かに3つしか窓口が開いておらず、うち1つはEU民専用。そちらが捌けても、他地域の旅券所持者を呼び寄せるでもなく、ツアーのお年寄り(日本から、ドバイ経由で北欧なんてツアーがあるのね)など疲れて座り込んでしまう有様。優しくないねえ。
19247582_1397210190367988_514191937
二回目の朝食、っと。

なんだか時間かかるなー、と思いきや、一人一人丁寧に来訪目的だの滞在期間だの帰りのフライトだのを尋ねているのね。中には英語が全く通じない人もおり、結局入国審査を終えるまで1時間近くかかってしまいました。
19702479_1397210567034617_7206070_2
6時間ほどのフライトで、機内食2回提供って、珍しいですよね。

出迎えのワゴン車に他の出張者と一緒に詰め込まれ(空港特急でいいんだけど。いや寧ろそっちがいいんだけど、なぁ。)、市内中心部少し北側のホテルまで送られ、こちらもまた、高っかいこと。
19875213_1397212260367781_758434402
高速道路でストックホルム市内へ。車窓には空港特急の線路が見えて忸怩たる思い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

「Japan Rail Cafe」に行ってみた。@シンガポール。

昨日は会議終了後、遅めの夕食まで少し時間があったので、市内南部のタンジョン・パガー駅に隣接するビルの1階にJR東日本がオープンした「Japan Rail Cafe」を覗いてみました。
19554782_1389211707834503_808057715
地下鉄駅から地上に出ると、こんなお店が現れます。駅名標型の案内板など気分高まりますね。

こちら、急増を続ける東南アジアからの訪日インバウンド旅行客の取り込みを図って同社が昨年末12月にオープンしたお店で、我々日本人には殆ど縁のないJapan Rail Passや関連旅行商品(加えて少々の鉄道グッズ)販売と、飲食スペースが一緒になったもの。
19430154_1389211714501169_715665467
こちらが物品販売側。ちょっと品数、もう一息。

ひょっとしたら日本各地、少なくともJR東日本営業地域内のお菓子やその他の特産品が売ってたりしないかな、と期待していったのですが、そういったものは殆どないようで、鉄道グッズも大宮駅構内のお店とは比べるまでもなく(そりゃそうだろうけど)、そもそも販売スペースの棚はスカスカ。またイートイン・スペースも、日本料理や日本産食材を用いたメニューというわけでもなく、なんとなくガッカリ感を感じてしまいました(感想には個人差があります)。日本人客もそれなりにいるということでしたが、折角素晴らしい店舗を出したのだから、もう後一歩の頑張りに期待したいところです。
19437486_1389211711167836_613218586
こちら、ダイニング側。日本各地の食べ物、輸入食材などもう少し欲しいな…

そして今日の帰路はSQ998便。RGN~SIN間はSQよりもUBやMAIの方がやっぱり安いのですが、今日の夕方のヤンゴンでのお仕事の都合上、SQになりました。出発は07:55発、朝の6時過ぎにはチェックインしなければならないというのも少々シンドいですが、まあ仕方がないか。
前回のKL空港と違って荷物預けがスムーズに出来たのがまだ救いでした。

19598973_1389211774501163_1080987_2
メニュー。見えるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

久々の、

今日から2泊3日のシンガポール出張。今年に入ってからというもの、所謂応援出張(かなりの部分肉体労働?)が続いていたのだけれど、今回は久しぶりに会議出席のため。ということで、一応事前準備もキチンとやって、今日のフライトは10:35発のシンガポール航空SQ997便。スラバヤから転勤してきた時は、シンガポール経由ではあったのだけれど、このSIN-RGN間はSilkAirの小型機で飛んできたので、SQの機材での運航便もあるとは今回初めて認識しました。スラバヤ便もSQとMIが1フライトずつ飛んでいたけど、ここもグループ内ダブルトラック?なのね。

19430094_1387776291311378_830378177
写真撮りずらいなあ。ヤンゴンにシンガポールからの折り返し便が到着。

と、いうわけで、その前回転勤時のスラバヤ~シンガポール便依頼のSQのA330。この空港からワイドボディの大型機で出発するのは、もう2002年に初めてミャンマーに来た時(TGのA300だった)以来じゃないかしら。

そんな大型機に乗るほどの需要があるのか、それでも半分ほどの座席が埋まった機内、そして前回のKL便のMHよりは流石にSQ、キチンとした機内食が供され、1時間半の時差があるのでチャンギ空港着は15:10。シンガポール事務所のハイエースで他の近い時刻に到着した他国事務所からの出張者と纏めて送迎なのですが、一部到着便の遅れもあって暫く待たされている間にスマホ用のSIMを購入。

カンボジアもベトナムも、数ドルで買えた記憶があるのだけれど、何でも物価高のシンガポール、SIMの方もお高くS$30以上したのにはびっくり。たった2泊3日なのに(後で聞いたら、データ通信のみであればS$18のものもあった模様)。

19429747_1387964437959230_164910374
流石にSQは、質と量共にそこそこまともな機内食。ケーキも甘ずぎず、完食!

同じ会議への出席者と顔合わせを兼ねた夕食の後、市内オーチャード西部の中級ホテル泊まり。これで1万6千円って、ヤンゴンのホテルの値段も相当なもんですが、ここはやっぱり高いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

狭胴ジェットで北部へ。

出張疲れも1日半でとれ・・・とったことにして、今日から残る連休を少しでも楽しむことにしました。

今朝のフライトは朝07:10発のエアー・マンダレー6T801便ミッチーナ行き。
以前、といっても2002年の最初の訪緬時、また2012年の正月だったかにミャンマーを訪れた時は、国営Myanma Airwaysの運行が不安定だとして、Air Baganと共に“信頼できる国内線”に挙げられていた会社ですが、その後同社の経営が不安定となり運行停止の憂き目を経て、再度国内線の運行を再開している会社です(Wikiなど参照)。その頃以来久しぶりの同社、以前はATR機による運行でしたが、現在は2機のエンブラエルERJ145機を運行しているそうで、こちらもまた日本に住んでいると珍しい機体ですよね。私自身、以前どこで乗ったか思い出せないようなレアキャラ。

18033566_1324073617681646_477751365
出発時は逆光でまともに撮れなかったので、ミッチーナ空港到着の写真で。

機内は1-2座席配置で、定員は50名ほどというから、当地国内線で主力のATR72よりも少なく、ジェット機ですので多少早いとはいえ、1時間半程度の国内線でどれほどの差が出るかといわれると、ちょっと?な気がしなくもないです。国内線各社がATR72型機で機種を揃え、整備やコードシェアなどで協力関係にある中、敢えてこれを運用するメリットというのは、どういったところにあるのでしょうね?

18010457_1323917414363933_236926819
1-2配置の狭い機内。頭上の荷物入れも、片側のみに設置されてます。

17991267_1324072227681785_263750077
国内線でも、1時間半の長距離便ということもあって、立派な機内食、ホットミール(しかも2種類から選択あり)が提供されたのは立派ですね。そんな贅沢やってるから、経営悪化するとか言わないよ。

続きを読む "狭胴ジェットで北部へ。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧