2017年10月24日 (火)

偶々立ち寄ってみたら@アマラプラ駅。

さて、今日は観光日でした。というわけでちょっとした寄り道から本来の目的に戻りましょう。
マンダレー市内の寺院や土産物店、マンダレー南方アマラプラのロンジー工房などに立ち寄って昼食・・・ のあと、有名なウーベイン木橋に行こうかとふと地図に目をやると、おや、間の良い事に直ぐ近くに国鉄MRのアマラプラ駅があるようです。ちょっとだけ立ち寄ってみますかね。
App1300445
こちらを意識したわけではないのでしょうが、駅到着時に貫通扉を閉めてくれ、美しいお姿を披露下さいました。

で、脇道にそれ、カメラも持たずに駅にお邪魔してみると、遠くからタイフォンの音が聞こえてきました。あら、間のいい事に列車が来るわ。
現れたのは、こちら。元JR東海車の2連、運転助手に尋ねてみると、シュウェボー行きということで、当駅13:44発の215UP列車のようです。
駅の時刻表には、マンダレーの南のミョーハウン発シュウェボー行きと書かれていますが、そんな中途半端な駅から出発するとも思えず「?」だったのですが、後で詳しい人に聞いてみると、やはりマンダレー始発で問題ないとの事。但し、他の駅でも「ミョーハウン→シュウェボ」と書かれた時刻表掲示も見かけたことがあるそうで、一時期そのような運行区間だったこともあるのかもしれませんね。
App1300458
駅掲示の時刻表(上から3番目の列車)では、ミョーハウン~シュウェボー間の運行になっていますね。

数名の乗り降り(マンダレーからここまで乗ってくる人もいるのですね)の後、軽やかな汽笛の音を鳴らして出発していったRBE3054-3045、キハ48と40の2連、模型のような好ましい姿でした。
Apimg_9111
汽笛を鳴らしつつ、シュウェボーに向かって走り去って行きました。

ちなみにこの列車、後で調べましたところ、シュウェボー06:00(126DN)10:50マンダレー13:15(125UP)17:35シュウェボー、という運用だそうです。
この近辺では、マンダレー05:35(123DN)11:35モンユワ13:00(124DN)19:00マンダレーというRBE運用もあります。キハ40系列撮影の向きにはご参考まで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

タイーゼィ市場駅再訪。

明けて日曜。今日も一日観光なのですが、その合間にちょっとだけ立ち寄らせていただいたのが、こちら、先日乗客として訪れて感動・再訪を期したタイーゼィ市場駅。早朝の便を出迎える気力は無かったけれど、マダヤから戻ってくる列車の到着時刻は10:45とのことで、市内観光の途中で立ち寄るにはちょうど良い頃合い。
今日は借上車を雇上しているので、運転手さんに説明すると、即座に認識。観光客相手のハイヤーにも著名なところなのでしょうかね。
Tzp1300419
廃線のように見える線路の上には多数の露天が足の踏み場もないほど密集しています。

王宮の北西角近くにあるタイーゼィ駅は、ゼィ(市場)の名のとおり、市場の直ぐ近くにあります。線路は市場の近くをかすめていたのが、市場の中心部に入れなかった(市場内の売り場使用料を払えないような?)零細な個人の商人の方々が、線路上に品物を広げるようになり、自然発生的に市場が線路上に広がってきたのでしょう。
Tzp1300421
さて、そろそろかな。片付けが始まりました。

ここは以前毎日マダヤ方面4往復8本に環状線2本の列車が行き交っていたので、線路上の物売りはその都度品物を片付けなければならなかったわけですが、現在ではマダヤ方面が2往復4回、環状線が2回の6回に減少してはいるものの、それでも面倒ですよね。
有名なタイのメークローン市場駅では、紐を引くと列車ギリギリの位置まで上手くテントや傘が引っ張られて、地上の品物も上手―くギリギリのところに並べられており、品物をどけたりする手間は殆どなさそうなのですが、こちらは必ずしもそこまでシステマティックになっているわけではなさそうです。
Tzp1300423
汽笛が聞こえ、露店が店を畳んだり除けたりすると、ディーゼル機関車に牽かれた列車が現れました。今日はDD900型のトリコロール塗装機ですね。

定刻10:45を10分ほど遅れてマダヤ方面から列車が到着してくると、おばちゃん達は日除けの傘をしまい、線路の上や間に置いた野菜や果物、肉、魚、雑貨といった品物を除けて行きます。
最初っから、その部分には置かなければ良いのに、通路にしとけばいいのに、と思わなくはないのですが、色々と市場の仕切り、仁義などあるのでしょうかね。
Tzimg_9091
ここにもあった、現役の線路市場!

そしてこの線路市場、どうやら徐々に有名観光地?になりつつあるようです。今日は、ガイドさんに連れられた欧米系のグループが二組ほど現れ、写真を撮っておられました。女性も多く、激しい“撮り鉄”っぽいカメラを持った方は1人くらいでしたが、今後ドンドン増えてくるかもしれませんね。RBEなんか入ったりしたら、日本からも続々と・・・
Tzp1300428
列車は、代用客車や貨車も編成中に。行商人さん用、ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

動物園でナローゲージ鉄道に乗る。

今日はマンダレーで普通の観光客です。なのですが、見た途端に「ワシントン条約!」という言葉が頭に浮かんでくるようななりをしているビルマホシガメを見に行ったマンダレー・ヤダナルポン動物園でちょっとだけこちらに寄り道。
22540228_1495455027210170_422939102
お、旧共産圏風デザインのナローDLか?

これ、ナローゲージ(笑)。国鉄全線1,000mm軌間なので世界基準では既にナローではあるのですが、それはおいといて、ミャンマー唯一の現役のナローゲージ旅客鉄道ですね。
デザイン的には、上手く撮れば、そう説明できるかもしれません。
こちら、週末休日のみ運行の、この動物園を一周する遊覧列車です。料金は1人1,000チャット。
22554819_1495455093876830_768700789
横から見ると、エンジンむき出し、なんかけったいなというか、間延びしたデザインに見えます…

22729028_1495455193876820_645918861
以前は、こんな象さんデザインのカバーをつけて運転されていたみたいですね。

横から見るとなんだか凄くバランスの悪いデザインですが、以前はこのような動物デザインの看板を付けて走っていたようです。
乗客が集まり次第出発!ということで走り出した列車ですが、勿論ただの台車に椅子を付けて屋根を掛けただけの客車の乗り心地は、この手の乗り物としては標準的なのですが、線路状態は国鉄MRの一般路線よりも良好??いやいや。ただスピードが出てないだけだと思いますが。
22539923_1495455130543493_844087840
運転席。スパルタンというか、掃除したくなりますね。

22780658_1495455100543496_6762694_2
エンジン。中国製のトラック用かしら。

園内をグルッと一周するこの路線、立派な看板つきの踏切有り、車庫への分岐線(奥には以前使われていたと思しき廃車体が見えますね)や、今は使われなくなった廃駅跡があったりと、なかなか飽きません。日本ではこの手の遊覧鉄道まで手を伸ばす趣味はありませんが、折角あるんなら、ここしかないんなら、ねえ。
ということで、童心に帰らせていただいた20分ほどのミニ汽車旅、でした。
22555208_1495455213876818_828903830
踏切表示も立っていたりして、ホントのナローゲージ鉄道と言っても通じる、かな?

Mdimg_9046

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

国際航空でマンダレーへ。

今日は家族サービス(笑)な普通の観光旅行の週末。
ヤンゴンからマンダレーへは、朝9時発のAir KBZで予約したのだけれど、KBZのカウンターでチェックインしてみようとしたら、当該便はどうやら系列のMAI(Myanmar Airways International)とのコードシェア便の模様。チェックインカウンターのモニターにはK7と8Mの便名が交互に表示されていましたが、搭乗券には既に8M-337の便名のみが記載され、KBZ(K7)の文字はどこにもありません。
8mygnapimg_9003
搭乗バスは、1台目はMAI所属・元横浜市営のノンステ車。後ろの2台目は、元北陸鉄道のKBZ所属車。

時間になって搭乗してみると、乗せられたのは、MAIのA319型機。ジェットでもEMB145とかCRJ200とか、バス搭乗の小型機ばかりの当国の国内線で、3-3配置の機体はこのMAIのA319と、UBのB737-800しかないのです。通路1本のナローボディ機とはいえ、この国では国際線の大型機に乗っているかのような錯覚を覚えますね(笑)。
8mimg_9011
朝の北行きは、左側席が暑くなく眩しくなくて良いですよ。

このMAIという国際線航空会社、国営系Myanmar National Airways(UB)、元のミャンマー航空Myanma Airwaysとは別の、地元で銀行などを持つ財閥を形成するKBZ航空が80%出資する民間航空会社です。
8mbordingpass1a
が、恐らくは免許の関係で、国内線を飛ばせないことになっているのでしょうかね。国内線の販売KBZ名義、国際線からの乗り継ぎ客には8M便名で販売し、実際の機材の運用は、KBZ(K7)、8M双方の機体をやりくりして行っているのかと想像します。
うーん、でもそうならば、このフライト、K7の本来便名+8Mのコードシェア便名でなければいけないのに、8Mは3桁、K7は4桁の便名だから、逆だなぁ。
詳しい方、教えてください。
8mimg_9010
朝ご飯。水も紙ナプキンもMAIのロゴマーク入りですね。

8mimg_9012
マンダレー空港に到着。ボーディングブリッジがつけられました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

豪華に(笑)、帰任します。

休暇もあっという間に終了、ミャンマーに戻る日です。
インドネシア時代は、成田を午前発のフライトが多かったので、朝6時とか結構早い時間に中野の実家を出ていたのですが、ヤンゴン行きのANAの直行便は成田発13:50と結構余裕があります。これなら、新宿10:40のN’exでいいからね。
他方、毎回のことですが、家から新宿までのタクシーが事前予約できないのは困ります。帰国して直ぐ、半月先の予約を頼んでも「満車」。数日前に「満車」、前日に「満車」。そして当日30分前に頼むと、ようやく配車してくれる会社が現れたという状況。
サービス業なのだから、予約が入れば運転手のシフト調整して配車するのが商売なんじゃないかと思ったりしますが、人手不足の世の中、そんな短距離の客のためにいちいちそんなことしてられないんでしょうね。
22154640_1481058168649856_857080936
レクサスLSのハイブリッド車。大型スーツケース2つ、ちゃんと入りますね。

ともあれ、今日はもう日の高い時間だから、最後は表通りに出て流しを拾おうかと思ってましたが、無事に配車されてヤレヤレ・・・ と思ったら、やって来たのはLexusのLS600hとかいう、なんか凄いクルマ。普段はクラウン・コンフォートや希にアルファードなこの会社、別料金を払って車種指定しなくても、偶々近くに空き車があるとこんなのが来たりするので侮れません。料金は一緒です。
22141153_1481058068649866_279717638
雲の綺麗な成田空港から、往路と同じ、新しいB767でヤンゴンへ。

そのまま新宿駅からN'exで成田空港に着いて、最後の買い出し。ANAさんはYでも23kgを2つ(上級会員は32kgを2つ)まで預けられるのは、在外勤務者としてはありがたい限りです。今回もギリギリいっぱいまで詰め込ませて戴きましたが、いざ乗り込んでみたら今日のNH813便、後方部はガラガラ。ミャンマーがちょうど連休中ということもあって、ビジネスで出掛ける方が少ない日だったのでしょうね。
Img_8722
帰りの機内食は、ちらし寿司を選択。まあまあ、でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

LCC脱皮!のGolden Myanmar Airlines

今回のマンダレーからのフライトは、14:05発のGolden Myanmar航空Y5-506便。随分早い時間ですが、夜に仕事が入ってしまったので致し方ありません。
Mimg_8316
新しいATR72-600での運行です。Golden Myanmar航空。

このGolden Myanmar航空、所謂LCCとしてA320型機を使って近隣国への国際線を飛ばしていた事もあったようですが、空港で他社機材との衝突事故を起こしたりもしつつ、現在はATR72型機で国内線を運行しているのみとなっています。
Mimg_8315
簡単なものでも機内食が出ると気分がいいですね。

なのですが、今は“LCC”ではなくなったようで、離陸後の機内では軽食が供されました。勿論大層なものではありませんが、期待してなかっただけに嬉しいですね。
Mimg_8318
そして横浜市営のノンステ車ですね。ヤンゴン空港の出迎えランプバス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

マンダレー空港へ。

マンダレーからの帰り道は、クルマでおよそ1時間と随分街外れに造られた新空港から。駅に屯していたタクシーに聞いてみると、25,000チャット(約18.5ドル)と結構なお値段を仰るので、念のためお泊り先の“駅上”ホテルに聞いてみると、16,000チャットでクルマを出すというので勿論こちらにお願い。

Mimg_8302
ShweNanSanは漢字表記で順南山と書くのですね。Shweは「金」の意味ですが。

冷房のよく効いたハイエースで無事に空港に運ばれてみましたら、
なんとマンダレー空港には、市内行きのリムジンバスの運行があるのですね。知りませんでした。使用車両はHyundai CountyというToyota Coasterクラスのマイクロバス、各便接続の出発で市内まで4,000チャット(一部の看板には外国人は4ドルだとか、5,000チャットだとか書かれていたりしますが。)。市内中心部のホテルだったらそのまま連れて行ってくれるそうで、逆に空港に向かう時はどうすれば良いかと問えば、電話してくれればホテルに迎えに来てくれる由。
まあ、それは言葉の通じない外国人には若干ハードルが高いですが、時間に余裕がある時は、ホテルの人に頼んで呼んで貰うのも良いですね。
Mimg_8308
空港のカウンターはこちら。1時間おきではなく、到着便接続ですが、夜9時まではあるということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

マダヤ支線の旅。

20分ほどの停車時間に機関車を付け替え、タイーゼィ駅を後にしてマダヤに向かって出発した列車は、再度線路市場を掻き分けて一路北へ向かいます。
Mdp1300221
タイーゼィ駅舎。この路線では立派な方?

このタイーゼィ~マダヤ間がこちらの路線のメインで、つい最近までは1日4往復ほどの列車の運行があった模様。なのですが、いつの間にか、というか、新政権下の事業仕分けの不採算列車の運休の影響なのか、昼間の列車が1本、そしてまた1本と間引かれ、現在は朝の1往復と、夕方の1往復の2往復だけになってしまいました。
Mdp1300232
途中駅での乗り降りも結構ありますね。

この路線、先にも書いたとおり、Madaya Light Railwayなる762mmゲージの軽便鉄道として、1912年に開業したのに歴史は遡ります。Wikiによると、当初トウンビョン(こちらのスペルではToungbyon)までで開業した路線は1917年にマダヤまで延伸されたものの、その後運行は不安定化し、1927年に国有ビルマ鉄道に吸収され、メーターゲージに改軌されたようです。
ネットには当時の写真が上がっていないようなので、どのような列車で運行されていたのか興味があります。(このサイトに、当時使われていた機関車などについての情報が少々有り)
ともあれ、今はミャンマー国鉄MRの他の路線と同じ、ディーゼル機関車が客車・代用客車を牽引してのんびりと走っています。
Mdp1300235
第二の都市マンダレーの近郊でも、こんな感じのノンビリとした光景。

続きを読む "マダヤ支線の旅。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

ターイゼィ市場駅。

リアルタイムの一時帰国報告を挟んで、先週末日曜日のマンダレー環状線の話を続けます。

このマンダレー・ヒルと名付けられた観光地にもなっている小高い丘を半周する形でグルッと回り込み、右手後方からこの列車が後で向かうマダヤ方面からの線路と合流すると、オーボーに到着。
21558736_1459871924101814_120887002
ターイゼィ駅へ向かう列車は、市場の中を掻き分けて進んで行きます。

ここから南へ一駅、タイーゼィまでの区間は、復乗区間になります。タイーゼィで下車しなければオーボー~タイーゼィ間の運賃は支払い不要、マンダレー~オーボー~マダヤ間の運賃のみでOKとかいう特例があるのかどうか知りませんが。
その、ここからタイーゼィまでの区間の最後、駅に入る前の数百メートルの区間はこの路線のハイライトと言ってもよいでしょう。

21430618_1459872010768472_717681412
売られているのは野菜、果物、魚、肉…

ゆっくりと走る列車の左右には露天を広げる人々がドンドン増えて来て・・・というか、露天の中を掻き分けて走ってますね、この列車。地図上、線路の直ぐ西側に市場があるエリアですが、その周辺の広いスペースである、駅手前の線路上に、多数の露天商が店を広げて市場の延長みたいになっている中を、列車が走っていきます。
これは、あの最早観光地として有名なタイのメークローンの再現とも言えるでしょうか。兎も角、汽車と物売りとの距離が近い!

21432957_1459871977435142_171724756
折り返し。機関車を付け替えて、再度市場に突っ込む準備完了!

環状線の終点?タイーゼィに着いて、マダヤへ向けて再出発するまで20分ほどの折り返し停車時間があるので早速市場側へ足を向けてみますが、もう線路上にはすっかり物売りが復活しており、どの線路を走ってきたかすら俄にわからないような状態となっています。
これは、撮りたい!ですよね。撮り鉄ではない当方でもそう思ってしまいます。しかし、撮ると乗れない。乗ると撮れない。撮った後、ゆっくり通過する列車に飛び乗ろうか・・・ なんて本気で考えちゃうくらいですが、今回はマダヤまで乗り続ける事にしますが、もう一度撮りに来なければならないですね、これは。

21462946_1459872024101804_272537917
歩いて市場まで来てみると、もうどこを走って来たんだか、全然わからないような状態に戻っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

一時帰国します。

この18日夜の全日空便で半月強ほど、一時帰国することにしました。
諸事情あって予定より早まり、期間も短期間ではありますが、せめて買い出しと通院、お誘いいただける皆様とお会いできる機会を楽しみにしています。
Nhimg_8434
成田に到着しました。ウィングレットが特徴的なB767の最新バージョンですね。

Nhimg_8433
夜行便ですので、機内食は全く期待できません。朝粥。悪くはないですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧